トップページ

かたりすと(CATALYST)

平野啓子(KEIKO HIRANO)

ご報告 東日本大震災・熊本地震義援金を送りました。

  1月21日に日本の語り芸術を高める会(会長平野啓子)主催の第2回、第3回公演を開催の際、ロビーでの募金に対し、多くのお客様からの義援金、20,232円賜りました。どうもありがとうございました。

 集まった募金の全額を下記の通りお届けいたしましたので、ご報告いたします。

東日本大震災義援金 日本赤十字社のホームページに記載の所定の銀行口座に

          10,232円

熊本地震義援金   熊本県のホームページに記載の所定の銀行口座に

          10,000円

皆様、どうもありがとうございました。

 被災されて亡くなられた方のご冥福と、早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

【ご案内】

11・5津波救国〈稲むらの火〉浜口梧陵伝(大下英治作)を平野が朗読し、ユーチューブに公開しました!!


YouTube: ①朗読 平野啓子【津波前夜編】大下英治作 『11.5津波救国〈稲むらの火〉浜口梧陵伝』 ~紀州広村~


YouTube: ②朗読 平野啓子【大津波襲来編】大下英治作『11.5津波救国〈稲むらの火〉浜口梧陵伝』~大津波襲来~


YouTube: ③朗読 平野啓子【復興編・上】大下英治作『11.5津波救国〈稲むらの火〉浜口梧陵伝』 ~広村復興への情熱と覚悟~


YouTube: ④朗読 平野啓子【復興編・下】大下英治作『11.5津波救国〈稲むらの火〉浜口梧陵伝』 ~広村復興への情熱と覚悟~

※朗読とYoutube upは、作者 大下栄治氏の許諾を得て行っています。

 この作品の無断使用、複製は固くお断りします。

※音源の著作権は平野啓子事務所オフィスエイワン(有)に帰属します。

上記タイトルをクリックしてご覧ください!

※朗読とユーチューブ公開は、大下英治先生のご許可のもとで行っております。

【お 知 ら せ】

演芸評論家・文筆家の大友浩先生が、日本の語り芸術を高める会 第3回公演をご覧くださり、ご自身のブログにその時のことをお書きくださいました!

大友先生のブログ《芸の不思議 人の不思議‐livedoor Blog》「冬薔薇 平野啓子語りの世界」をぜひご覧ください!

http://blog.livedoor.jp/a30a988/archives/52485196.html

をクリック、または

「冬薔薇」平野啓子語りの世界を検索してご覧ください!

P1150829

第3回公演「冬薔薇」(瀬戸内寂聴作)

 

《放送のご案内》

129日()午前5時~午前6

NHK Eテレ こ こ ろ の 時 代】

「いのちの苦しみに向き合い続けて 

                西明寺住職/医師 田中雅博」

平野はナレーションで登場します。

☆再放送:24日()Eテレ 午後1時~午後2

◎日本の語り芸術を高める会 第2回・第3回公演の写真です。内容も「語り」も衣装も大好評でした!!

P1150812_3

 

 

←第2回公演「ベルリン純愛死」(瀬戸内寂聴作)

P1150829

第3回公演「冬薔薇」(瀬戸内寂聴作)

P1150833 公演終了後、黄薔薇と記念撮影

◎世界遺産登録運動推進プロモーション映像の北海道・青森・秋田・岩手版のナレーションを平野が担当しています。

1月25日(水)ナレーションの録音風景。

これに関するイベントが下記の通り開催されます。

【北海道・北東北の縄文遺跡群

世界遺産登録推進国際フォーラム】

日時 129日(

   13:30~17:00(開場13:00)

会場 有楽町朝日ホール    

         (千代田区有楽町2-5-1、有楽町マリオン11階)

●2月2日(木)開催!

語り部交流会 in 北海道

時 間 13:30~16:30

会 場   函館市民会館小ホール

                      (函館市湯川町1-32-1)

入場無料

興味深い秘話がたくさんあります。ぜひ、お申込みください!!

講演「蝦夷地における稲作について」

      北斗市教育委員会 学芸員 森 靖裕氏

語り

 【「語り」を通して知る蝦夷地の農業・伝統・文化】

    語り部・かたりすと・CATALYST・カタリスト 平野啓子    

語りフォーラム

「ふっくりんこにつながる蝦夷地の稲作400年史」

    コーディネーター:平野啓子、 パネラーの皆さん

P1150840

P1150838

お申込先:北海道渡島総合振興局農村振興課

 TEL:0138-47-9517

 FAX:0138-47-9213

 メール:oshima.nousonshinkouka@pref.hokkaido.lg.jp

●1月21日(土)

日本の語り芸術を高める会 第2回・3回公演を同日に開催し、無事終了しました。

2回公演「求愛」(瀬戸内寂聴作)も当日、多くのお客様にお越しいただきました!

また、第3回公演の「冬薔薇」(瀬戸内寂聴作)は満席で、艶やかな語りは大好評でした!!必ずいつか再演します!

☆公演中の写真はおって掲載します。お楽しみに!

●1月18日(水)

【船村徹先生の

     文化勲章受章を祝う会】

平野啓子と、石澤典夫さんの二人で司会と、

「船村徹とは」の朗読をしました。

歌謡界初の文化勲章ご受賞で、放送界や音楽事業者団体のトップの方々がご出席になりました。

石澤さんとは平野がNHKのキャスターで組んだこともあります。

そして現在、石澤さんと平野は

大阪芸術大学 芸術学部 放送学科 の教授です!

P1150683 控室にて。(石澤さんより写真掲載の許可をいただいております。)

P1150690

終了後、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」玄関にて。

●1月6日(金)

東京消防出初式

P1150651

 

20170106_ P1150554

消防関係者の方や消防団の皆さまへ“がんばれ消防応援団”の団員として激励のメッセージをおくりました。今年は、平野啓子はじめテレビでお馴染みの橋本マナミさん、リオオリンピック・柔道90㎏級金メダリストのベイカー茉秋さんで2台のオープンカーに分乗しました。(写真右から司会の伊東楓TBSアナウンサー、平野啓子、橋本マナミさん、ベイカー茉秋さん)

P1150679 ベイカー茉秋さん関係者の方、東京消防庁関係者の方と記念写真。(写真掲載の許可はいただいております。)

 消防魂が大好きな平野です!!これからも応援します。

P1150662

 

1月2日(月)

帝国ホテルのお正月

平野啓子 語り音(ね)らいぶ

「語り部・CATALYST・カタリスト」として世界に日本の「語り」を伝える平野啓子の世界を、お正月らしい邦楽の響きとともにお届けしました!

語り「竹取物語」(平野啓子脚本)

  「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

手話語り  

  「春はあけぼの」より「春」をお客様にも手話語りで参加していただきました。

笛:望月 美沙輔さん、鳴物:梅屋 貴音さん

20170102_3

20170102_4 

20170102_2 「竹取物語」(平野啓子脚本)より

20170102 公演終了後、いただいたお花と記念写真。

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い申し上げますfuji

Photo

《公演のご案内》

2017

21日(土)18時~

日本の語り芸術を高める会 第3回公演

「冬 薔 薇」 (瀬戸内寂聴作) 

    ~平野啓子語りの世界~

     かたりすと・CATALYST・カタリスト

P1150531

入場料 2,000円(全席自由)

会 場 原宿アコスタディオ

(渋谷区神宮前1-23-27赤星ビル地下/JR原宿駅竹下口より徒歩約3分)

お申込み:日本の語り芸術を高める会

  ☎080-1347-3827 FAX042-363-6950

2017

21日(土)15時~

日本の語り芸術を高める会 第2回公演

~かたりすと・CATALYST・カタリストが挑む

            さまざまな愛のかたち~

「求愛」(瀬戸内寂聴作)

出演:平野啓子、稲井まり子、小溝玲子、中村かおり

語り「心中未遂」 稲井まり子

  「妻の告白」 中村かおり

  「ふるさと」 小溝玲子

  「ベルリン純愛死」 

         平野啓子

朗読「求愛」  稲井まり子

P1150528

入場料 1,800円(全席自由)

会場  原宿アコスタディオ

(渋谷区神宮前1-23-27赤星ビル地下/JR原宿駅竹下口より徒歩約3分)

お申込み:日本の語り芸術を高める会

☎080-1347-3827 FAX042-363-6950

《放送のご案内》

【ラジオ】今月日曜日放送! ニッポン放送

 12111825日(

         06:45~06:55 

「おはよう!ニッポン全国消防団」

にゲスト応援団として平野が消防団員にインタビュー!

ぜひ、お聴きください!

P1140807 番組終了後、パーソナリティの山本剛士さんと。

 

《放 送 の ご 案 内》

明日、土曜日放送!! テレビ朝日

12月10日(土)よる8時50分~ 

古舘トーキングヒストリー 忠臣蔵

平野がナレーションを担当します。

ぜひ、ご覧ください。

clover放送をご覧いただいた皆さま、いかがでしたでしょうか?視聴率2桁という高視聴率で終了しました!

また、平野のナレーションに関しても、お褒めの言葉を各方面の方から数々お言葉をいただきました。ありがとうございました。

Photo_2

ナレーション録音風景

【イベントのご案内 2017年】

1月 2日(月) 語り公演

「帝国ホテルのお正月 平野啓子の語り音(ね)らいぶ」

             15:20~16:20 帝国ホテル 光の間

1月 6日(金) 「東京消防出初式」 

         消防職団員への激励メッセージ

         10:20~ (式は9:30~)東京ビッグサイト 

1月 6日(金)「府中警察武道始式」

      青少年の出場者へのプレゼンター 

        14:30~ 府中警察署内

1月 7日(土)弁論大会「土光杯」

        審査員 サンケイホール

1月21日(土)「第2回日本の語り芸術を高める会 

                           求愛(瀬戸内寂聴作)より」

       14:00~(予定) アコスタディオ

       出演 平野啓子、稲井まり子、小溝玲子、中村かおり

1月21日(土)「第3回日本の語り芸術を高める会 

                           冬薔薇(瀬戸内寂聴作)」

     18:00~(予定) アコスタディオ

      出演 平野啓子

1月28日(土)「日本トルコ文化協会 

            作文・絵画コンテスト授賞式」審査員と語り公演

      12:00~ 明治記念館

     語り エルトールル号の物語、 

    出演 語りユニット エル☆シスターズ

お問合せ先:平野啓子事務所オフィスエイワン(有)

☎042-363-4689/090-6171-8093

●11月11日(金)終了しました。

《熊本地震報道写真展

   ーいま私たちができること》

語り部平野啓子と仲間たちの語り公演

「かたりすと・CATALYST・カタリスト」

時 間 12:30~14:30

会 場 東京都健康プラザハイジア1階アートウォ―ル

入場料 無料

プログラム

🌼雨ニモ負ケズ(宮沢賢治作) 岡本里沙子

🌼稲むらの火(小泉八雲原作/中井常藏作)

川井方子、中西邦子、冨田和美、森下律子

🌼エルトゥールル号の物語 (平野啓子脚本)

平野啓子、稲井まり子、中村かおり、加古万里子

🌼春はあけぼの(清少納言作) 渡辺理恵

🌼蜘蛛の糸(芥川龍之介作)  稲井まり子

🌼熊本の民話         森下律子

🌼走れメロス(太宰治作)とトーク多摩川上水など。  平野啓子 予定

P1150534

P1150532

P1140721 平野啓子の手話語り「春はあけぼの」

P1140761

P1140678 上演中の様子。

 

●11月9日(水)終了しました。

P1140417_2

来月11月9日(水)に「平成28年度(第71回)文化庁芸術祭参加公演 日本の語り芸術を高める会 第一回公演 想―SOUおもい かたりすと・CATALYST・カタリストがお届けする珠玉の名作 女性が語る いま 伝えたい あふれる想い」公演を下記の通り開催いたします。

 日本の語り芸術を高める会では、昨秋発足して以来、国内外の企画に参加しており、今年度秋からは、瀬戸内寂聴作品の語り公演シリーズや、名作語りの公演の計画を立てております。

その第一回目を、今年度の文化庁芸術祭参加公演として開催することになりました。小スペースでのお客様との距離が近い空間づくりを行います。本公演には、平野の後輩も参加し、相手の幸せや命の無事を心から願う姿が、最後に現れる素敵な物語3作をお届けいたします。

 つきましては是非ご高覧ご高評賜りたく、お忙しいこととは思いますが、ご都合よろしければお越しいただければ幸いです。心よりお待ち申し上げます。

日 時 2016年11月9日(水) 

    昼の部 14時/夜の部 19時(各回とも開場は30分前)

会 場 アコスタディオ(JR原宿駅竹下口より徒歩3分)

入場料 3,800円(全席自由)

演 目

●曼珠沙華(瀬戸内寂聴)失恋の失意の中から伯母の諭しを受けて人の生き方や真実の愛に目覚めていく若い女性の成長の軌跡を平野啓子が豊かな情感を込めて語り、瀬戸内寂聴文学の真髄、その人間愛を語ります。

●野ばら(小川未明作)は後輩の稲井まり子が民族や世代を超えた人々の絆や人間愛を通して、いつの時代も絶えない戦争の悲劇と無残さ、愚かさを語りで訴えます。

●そっといちどだけ(なりゆきわかこ作)同じく後輩の小溝玲子が盲導犬との生活を通じて、人と動物の交流の素晴らしさ、信頼しあう心や生命の尊さ、別れの悲しさと亡くなったものへの深い思いを語ります。

それぞれのあふれる想いを語りでお伝えします。

お申込み・お問合せ 日本の語り芸術を高める会

TEL:080-1347-3827

想-SOU公演…小スペースでのお客様との距離が近い空間づくりを行い、時には舞台から降りて客席で語り、お客様のまなざしや息遣いを感じながらそれぞれの作品を上演しました。

6654_2 「曼珠沙華」(瀬戸内寂聴作)より。

●11月5日(土)終了しました。

内閣官房 国土強靭化推進室

世界津波の日フォーラム

~巨大津波災害に備えるための国土強靭化の役割~

☆11月25日(日)岩手県、宮城県、福島県、東京都、静岡県、愛知県、大阪府、三重県、徳島県、高知県、大分県、宮崎県の新聞13紙に「世界津波の日フォーラム」の記事が掲載されました。

時間 14:30~17:00

会場 イイノホール&カンファレンスセンターRoomA

平野啓子はオープニングアトラクションで「稲むらの火」を語りました。

新聞にも上演中の写真が掲載されました。

P1140451

P1140465

P1140473_2 語り「稲むらの火」上演中の様子。

●11月25日(金)和歌山県明文化会館小ホールにて

第65回近畿放送教育研究大会・第66回近畿視聴覚研究大会

語りで「稲むらの火」(中井常蔵作)、「エルトゥールル号の物語」(平野啓子脚本)、「走れメロス」(太宰治作)、手話語り「春はあけぼの」や文化庁文化交流使として派遣された時の海外公演の映像とともにお届けしました。

Photo 「稲むらの火」語りながら客席の中に…。

P1150015 語り「エルトゥールル号の物語」

●7月22日(金)服部幸應先生祝賀会

レジオン・ドヌール勲章シヴェリエ受賞及び古希を祝う会「祝語り」を披露。

P1130436 「祝語り」  ピアノとのコラボ。

【 海外と文化交流】

club文化交流使として現地で共演したトルコの詩人と。今度は日本で共演。

Photo

club日独ユースサミット

P1140039

club国際交流基金海外派遣助成で公演(篠笛と共演)

・ドイツ:ミュンヘン・フランクフルト・ハンブルグ・デュッセルドルフ

Photo_3(ミュンヘン公演の様子)

・トルコ:チャナッカレ大学

Photo_2 中央で花束を持っているのが平野。

 

 

 

USEN放送 チャンネル I-51

平野啓子が

「昭和ちゃんねる

~湯浅明の我が人生は歌にかこまれて~」に出演!

放送日は、

8月4日(木)、11日(木)、18日(木)、25日(木)、

9月1日(木)の0時~24時(4時間番組が6回流れます)

平野啓子の好きな歌、思い出の昭和の歌20数曲と、パーソナリティーの

湯浅明氏との楽しいおしゃべりをお楽しみください!

平野啓子の意外な面が発見できるかも…!?

●7月2日(土)

2016消防フェスティバル 

第31回「大阪の消防大賞」表彰式

平野が審査員として講評を行いました。みな素晴らしい功績ばかりでした。詳しいことは関係機関のページをご覧ください。

会場 大阪国際交流センター・大ホール

提唱 産経新聞

協賛 エア・ウォーター防災

EⒸ産経新聞社提供

3d_3 Ⓒ産経新聞社提供

 

太宰治「走れメロス」CD,増刷しました!!

=桜桃忌にあわせて=

これまで売り切れ状態で、お待たせ申し訳けありせん。ぜひ、お申し込みください。

走れメロス

お申込先:平野啓子事務所オフィスエイワン(有)

TEL:042-363-4689/090ー6171ー8093

またはお近くのCD店へご注文下さい。

【4月29日(金・祝)】

東北・夢の桜街道 東日本大震災復興支援プロジェクト

第5回"美しき桜心の物語”の語り会

~桜の札所七十番・角館武家屋敷~

東北・夢の桜街道 東日本大震災復興支援プロジェクト

P1120730 会場の角館樺細工伝承館

P1120734 しだれ桜越しに見た会場入り口

P1120780

P1120782

P1120804_2

角館の桜は見頃を過ぎほとんど葉桜でしたが 、会場の角館樺細工伝承館入り口にある一本のしだれ桜は、この「桜の語り会」に合わせたかのように私たちを満開で迎えてくれました!

会場は満席で、平野啓子の語り「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)とトークを熱心に最後までお聴きいただきました。

主催の東北・夢の桜街道推進協議会/仙北市/羽後信用金庫/秋田信用金庫/美しい多摩川フォーラム/美しい山形・最上川フォーラムの皆様、また角館樺細工伝承館館長はじめスタッフの皆様のおかげで無事終了することができました。ありがとうございました!!

☆上演中の写真など詳細は http://www.tama-river.jp/ をご覧ください!

【浄土宗 ラジオCM】

ラジオCM~とっておきの20秒~

ナレーションを平野啓子が務めています。

音楽は庄野真代さんです。

☆4月の放送

今できること、できるかぎり。

大切なのは完璧さではなく、精一杯向き合うことです。 少しずつ、一歩ずつ進んでいきましょう。

◎文化放送はじめ全国37のラジオ局で毎月・月曜日に放送されます。

◎文化放送の4月放送は4・11・18(月)は13:35~、25(月)は10:53~。

 

=公演のご案内=

【4月29日(金・祝)】終了しました!

東北・夢の桜街道 東日本大震災復興支援プロジェクト

第5回"美しき桜心の物語”の語り会

~桜の札所七十番・角館武家屋敷~

東北・夢の桜街道 東日本大震災復興支援プロジェクト

語り部・かたりすとの平野啓子による「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)を、角館武家屋敷の桜を愛でながら皆様を情感あふれる語りの世界にいざないます。

Photo_3

会場 角館樺細工伝承館(角館武家屋敷のほぼ中央)

時間 14:00開演(開場は13:30)

募集人員 200名(先着順) 受付中!

参加費 無料

お問合せ・ お申込み 

羽後信用金庫/秋田信用金庫の各本・支店まで直接お申し込みください。

●「東北・夢の桜街道推進協議会」についてはホームページをご覧ください。

 http://www.tohoku-sakurakaido.jp

主催 東北・夢の桜街道推進協議会/仙北市/羽後信用金庫/秋田信用金庫/

   美しい多摩川フォーラム/美しい山形・最上川フォーラム

協賛 秋田県信用金庫協会

【4月6日(水)】17:30~、終了しました!

於・明楽山森立寺「密蔵院」大慈閣

多摩川夢の桜街道 桜の札所・八十八ヵ所巡り

第7回〝美しき桜心の物語”の語り会

語りとトーク  

  平野啓子「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)

  海外から見た日本人の桜心 ほか 

cherryblossom桜の札所七番・桜坂と六郷用水にある密蔵院で開催されました。会場は満席で、平野啓子の語り「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)とトークを熱心に最後までお聴きいただきました。

Photo_2

Rh

Photo_3

 「しだれ桜」上演中の様子          
   

 ☆上演中の写真など詳細は http://www.tama-river.jp/ をご覧ください!       

 

 

【3月29日(火)】18:30~、於:東京産経プラザ

「ウェーブ産経」第3弾公演会

「かたりすと」語り芸術で伝える 名作・名エピソード

演目 平野啓子「五重塔」(幸田露伴作)

       「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

   稲井まり子「野ばら」(小川未明作)

  奥田粋ノ介「走れメロス」(太宰治作)

   加古万里子「大森神社のお話し」(自作)

   森下律子「絵姿女房」(民話)

Photo

Photo_2 語り「五重塔」の上演中の様子

会場は満席で、多くのお客様にお越しいただき熱心に「語り」を聴いていただきました。この時の様子は、17(日)の産経新聞に掲載(予定)されます。

【2月29日(月)】

チャナッカレ大学公演も大成功しました!!

国際交流基金文化芸術交流派遣事業で、平野啓子代表「平野啓子カタリザーの会」がドイツ・トルコに派遣され、全てのミッションが大成功し無事終了しました。皆様にお力添えいただいたおかげだと感謝しております。

ありがとうございました!

公演の様子やお客様の反応、写真などの報告は後日掲載いたします。お楽しみに!

《平野啓子「語り」公演とワークショップ》

会場 チャナッカレ大学(トルコ)

語り 平野啓子

   「エルトゥールル号の物語」(平野啓子脚本)

   「竹取物語」・「古事記」(平野啓子脚本)

   「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

   「野ばら」(小川未明作)など

朗読 奥田粋ノ介「走れメロス」(太宰治作)より

笛  望月 美沙輔

【2月25日(木)】

《平野啓子の公演「日本の語りーKATARI」》

~名作文学の美しい日本語と日本の心を声で感じる~

会場:惠光日本文化センター共生ホール

   (ドイツ・デュッセルドルフ)

語り 平野啓子 「竹取物語」(平野啓子脚本)

        「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

        「春はあけぼの」手話語りなど

朗読 奥田粋ノ介「走れメロス」(太宰治作)より

笛  望月 美沙輔

【2月24日(水)】

《平野啓子の公演「日本の語り-KATARI」》

~名作文学の美しい日本語と日本の心を声で感じる~

会場 ハンブルク大学アジア・アフリカ研究所221号室

語り 平野啓子 「竹取物語」(平野啓子脚本)

        「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

        「春はあけぼの」手話語りなど

朗読 奥田粋ノ介「走れメロス」(太宰治作)より

笛  望月 美沙輔

【2月21日(日)】

《平野啓子語り公演》

会場 日本文化普及センター(フランクフルト)

語り 平野啓子 「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)より

                     「竹取物語」(平野啓子脚本)

       「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

       「野ばら」(ゲーテの詩)など

朗読 奥田粋ノ介「走れメロス」(太宰治作)より

笛  望月美沙輔

【2月20日(土)】

平野啓子「語りの会」

語り部・かたりすと・元NHKアナウンサー平野啓子による

「日本の語り芸術」~KATARI~

会場 ミュンヘン大学日本センタ―

語り 平野啓子「竹取物語」

       「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

       「野ばら」(小川未明作)

朗読 奥田粋ノ介「走れメロス」(太宰治作)より

笛  望月美沙輔   フルート ヒューフル林真央  

Dsc05926

4_1 写真上(「竹取物語」「春はあけぼの」(清少納言作)等)

写真下(「野ばら」(小川未明作)など)

平野啓子「語りの会」がミュンヘン大学日本センターで開催されました。

予定の人数より多くのお客様にお越しいただきました。

公演終了後もお客様の反応が大変よかったとの連絡が主催の方から入りました!

平野は引き続きフランクフルト公演もいたしました。

追って報告いたします!

《2016年の語り初め》 

1月6日(水)東京消防出初式の屋内ステージで語り「稲むらの火」を上演しました!

P1120154 東京消防出初式

P1120253 語り「稲むらの火」(出初式終了後、屋内ステージにて)

  

新年あけましておめでとうございますfuji

本年もよろしくお願い申し上げます。

今年の語り初めは

東京消防出初式の屋内ステージで!!

東京消防庁のホームページをご覧ください。

P4120234

★放送のお知らせ★

●12月22日(火)18:40~19:00

【J:COM デイリーニュース】 

(東京西部地域・府中、小金井、国分寺、西東京、小平、清瀬放送)

〔再放送 22:00~、23:30~〕

12月21日(月)於:武蔵野大学 雪頂講堂

【第26回 日本の語りを聴く会】

「次代を担う若き語り手たちと

     —平野啓子語りの世界—」

の上演中の様子が放送されます。

平野の教え子の武蔵野大学文学部学生有志による

「注文の多い料理店」「走れメロス」や、留学生や

武蔵野大学の先生たちを交えたグローバルトークが繰り広げられました。

最後に岩城先生の解説をまじえながら

平野啓子の語り「平家物語~祇王」をお届けしました。 

ぜひご覧ください!

            

●「エルトゥールル号」の物語の語り公演を記録したブルーレイ発売!!

P1110614_2

今年、6月4日(水)串本町で開催された

「日本トルコ友好125周年

記念シンポジウム~未来に伝える日ト友好~」で上演した

「助け合いの精神!日本人とトルコの友情」語り公演

エルトゥールル号の物語とイランでの日本人救出、そして今~

が収録されたブルーレイです。平野が昨年、文化庁文化交流使としてトルコに派遣されこの物語を公演した後に、トルコの観客の方に感想をインタビューした映像も収録されています。

◎11月22日(日)

大阪芸術大学の学生(有志)が、あべのハルカス大阪芸術大学

スカイキャンパスで開催されている「エルトゥールル展」の会場で

エルトゥールル物語」を朗読で発表しました。

Photo








大阪芸術大学の「特講C」授業を実習している学生が
エルトゥールル物語」を朗読で発表しました。
「特講C」は平野が受け持っている授業で、
毎年授業の中でエルトゥールル物語」を朗読で
とりあげています。

Photo_2

この日はこの朗読をわざわざ聴きに来てくださった方や、展示をご覧になった方々が、次々に椅子に座り最後までお聴きいただきました。

平成27年度文化庁芸術祭参加公演

語り芸術家 カタリザーの会

彩sai-いろどり 

~色とりどりの物語に見る時空を超えた人の心~

語り演目 

 「竹取物語・抄」(平野啓子構成)  平野啓子

              笛:望月美沙輔 鳴物:梅屋貴音

 「夢十夜」より第一夜(夏目漱石作) 小溝玲子

 「魔術」(芥川龍之介作) 語りing 稲垣昴志ほか

 「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)    稲井まり子

エルトゥールル号遭難125周年記念 (平野啓子取材・構成・脚本)

「日本人の心 助け合いの精神!日本とトルコの友情」

   平野啓子とエル☆シスターズ

        山崎つかさ、稲井まり子、小溝玲子、中村かおり

         笛:望月美沙輔  和太鼓:小林太郎

日 時 平成27年10月23日(金)

    昼の部 14時 (開場は30分前)

    夜の部 18時30分 (開場は30分前)

会 場 大田文化の森ホール(大田区中央2-10)

お問合せ先 平野啓子事務所オフィスエイワン(有) 森下

      カタリザーの会 ☎042-363-4689

チケットのお申込みは 080-1347-3827

20151010_90451




 



残暑お見舞い申し上げます。

無事に終了しました!

Image021

Image068

公演中の様子。

平野の語り上演後、たくさんの方が飛び入りで

長野にゆかりのある物語を披露してくださいました。

久しぶりのかたり()らいぶです。また、長野ゆかりの作品を、飛び入りでご披露いただくコーナーも設けました。もしよろしければ、ぜひ、ご参加ください!

☆平野啓子 かたり()らいぶ「景 - 光・風・慕」 

Jpg_3

 

           

長野ゆかりの神話、素敵な詩や民話の語り。

平野は長野県の風景百選の選定委員をしていることから、               

今回、この企画にして見ました。ぜひ、お越しください!   

銀座の「語り」で味わってください!

8月24日(月) 場所 銀座NAGANO 

(中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 2F、TEL 03-6274-6015(代表))

 プログラム1(昼の部)14:00~ (開場は30分前)

               諏訪大社に祀られるタケミナカタノカミの父、

                       ヤチホコノカミの恋の冒険(三隅治雄脚本)

              諏訪湖の御神渡(おみわたり)伝説

              民話 絵姿女房(語りは森下律子)

              他、詩など。

        ☆飛び入り「かたり」参加コーナー(客席の皆さんもステージにどうぞ!)

プログラム2(夜の部)18:00~ (開場は30分前)

              オオクニヌシノオオカミ国譲りとタケミナカタノカミ諏訪へ。

              諏訪湖の御神渡(おみわたり)伝説

              民話 絵姿女房(語りは森下律子)

              他、詩など。

         ☆飛び入り「かたり」参加コーナー(客席の皆さんもステージにどうぞ!)

                           ※演目は予告なく変更することがあります。

入場料    3,000円(茶菓付き)

             当日会場受付でお支払をお願いいたします。

主催    平野啓子事務所オフィスエイワン(有)

お問合せ・お申込み 平野啓子事務所オフィスエイワン(有)

          08013473827

           ❀小さな会場ですので、事前予約をお願いいたします。

             空席がある場合は、当日受付もいたします。

お知らせ

☆カタリザーの会10月23日(金)昼・夜2回公演が、

平成27年度文化庁芸術祭参加公演に承認されました!後日、改めてご連絡いたします。

◎6月3日(水)、4(木) 無事終了しました!

・日ト友好125周年記念事業式典・歓迎レセプション司会

・日本トルコ友好125周年記念シンポジウム

    ~未来に伝える日ト友好~第1部基調講

P1100489_2

P1100487_4

P1100101_2 式典リハーサル終了後(串本ロイヤルホテル)

串本町職員の皆様の不眠不休の(!?)お仕事、大変お疲れさまでございました。

皆様の粘り強さ・底力に脱帽です。

3日(水)の陸上追悼式典は、台風のような悪天候のため急遽「エルトゥ-ルル号慰霊碑」から串本町文化センターへ変更になりました。が、そこは皆様のチームプレーのおかげで無事終了することができました。

4日(木)の第1部基調講演「助け合いの精神!日本とトルコの友情」語り公演

~エルトゥ-ルル号物語とイランでの日本人救出、そして今~(取材・構成・脚本 平野啓子)

4日のシンポジウムも多くの方にお越しいただき大変感謝しております。

この作品は日本とトルコの友好のきっかけとなった、125年前の「エルトゥールル号遭難事故」を平野自ら綿密に取材し、書き上げた脚本での語りをトルコや日本国内各地で何度も上演しております。

今回「串本町」で行われたエルトゥールル号遭難125周年記念事業で上演出来たことは、平野はもちろん我々スタッフ一同も大変嬉しく誇りに思っています。どうもありがとうございました。

また、この記念事業に合わせて刊行された串本町教育委員会によるエルトゥールル号遭難事故に関する初の資料集「時空を超えた絆-日本とトルコの友好-」の監修も務めさせていただきました。

3日(水)陸上追悼式典

P1100165_2 平野は下手司会席、式典の様子(串本町文化センター)

P1100256 祝賀レセプションの様子(串本ロイヤルホテル)

4日(木)基調講演「助け合いの精神!日本とトルコの友情」語り公演

~エルトゥ-ルル号物語とイランでの日本人救出、そして今~(取材・構成・脚本 平野啓子)

P1100453

P1100426

P1100405

 

 

 ◎3月26日(木) 公開中です!!

梶原しげる様が、日経Bizアカデミー

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」で、

平野啓子についてお書きくださいました。

ぜひご覧ください!

・日経ビズカレッジのサイト  ・梶原しげる様のホームページ、

・下記の日経BIZCOLLEGEの日経Bizアカデミー

「プロのしゃべりのテクニック」連載7年目!http://j.mp/d2X1TR

からお入りいただけばお読みいただけます。

 

1427343896246

1427343602739 梶原しげる様と平野啓子 取材中の様子(※写真掲載の許可をいただいております。)

◎4月18日(土)*無事終了しました

しおがまさま 神々の花灯り

盬竈神社境内には竹ろうそくがともり、日本古来の楽器が奏でる幽玄な世界が広がります
第18回盬竈神社式年遷宮記念
日時 4月18日(土)
時間 18時30分 「能楽」「舞楽」
    19時     「平野啓子の神々のものがたり」
              ~潮・盬・汐~
天候にも恵まれ満開の桜のもと、ライトアップされた「鹽竃神社の鹽竈桜」の元で『平野啓子の神々のものがたり』〜海幸山幸を中心にお届けしました。当初500席の予定でしたが、200席追加し、それでも700人以上に!立ち見の方もいらっしゃいました。トークでは鹽竈桜の蘇りのお話、珍しい柊のお話などをお伝えしました。
公演前に境内を散策しましたが、三十数種類の桜が咲き乱れ、花吹雪の舞う中、より一層幻想的な風景を演出していました。
(写真は後ほど次々に掲載いたします。お楽しみに!)

P1090338 盬竈神社到着後、鍵宮司さんと

Dsc_3328境内からは遥か鹽竈湾が見下ろせる この絶景に誰もが息を飲む


181
鹽竈神社 これから正式参拝

P1090342 鹽竈神社 これから正式参拝

P1090277

この階段と参道は、硯(すずり)と同じ石で敷き詰められている

Dsc_3371

P1090322 禰宜さんや神官さんと境内を進むのはまたなんとも言えない清らかな気持ち

P1090287

正式参拝

P1090421 天然記念物「鹽竃神社の鹽竃桜」


枝垂れ咲く荘厳な古社

Dsc_3330桜は満開 境内には300本の桜が

Dsc_3383_2境内にある一本の不思議な柊の木 年を経るにつれ、ギザギザの葉が少なくなり、丸い葉が増え、柊特有の尖った葉は僅かに。(歳と共に丸くなる)んだそうです。

P1090400 リハーサルの様子

・舞台は境内の特設 ライトアップされた天然記念物鹽竈桜の元で幽玄な世界に浸りながら、古事記・海幸山幸の物語を、後半は鹽竈桜蘇りの物語

P1090428

P1090443

 

P1090453 公演終了後、鍵宮司さんと。記念品をいただきました。

Dsc_3426地元のお寿司屋さん「すし哲」まるで宝石のような綺麗なお寿司にうっとり
食べるのがもったいない!(でも完食しました)とびきりのお味です。

Dsc_3437

Dsc_3448_2宮司さんとすし哲の大将

Dsc_3441寿司職人

Dsc_3452この店にも津波の爪痕がここまで(2m10cmの印)

(掲載写真は許可をいただいています)


鹽竈の復興を心よりお祈り申し上げます。

Photo_3

Photo_4

◎4月15日(水)

設立50周年記念 第50回さくら祭り中央大会の講演会に出演しました。 

美しき桜心の物語

瀬戸内寂聴作「しだれ桜」~桜と人との不思議な縁(えにし)

語り:平野啓子

講演会 12:30~13:20

式 典  14:00~15:00

記念植樹 15:15~15:35

懇親会 15:40~16:30

会 場 憲政記念館

主 催 公益財団法人日本さくらの会

設立50周年おめでとうございます!

記念の第50回さくら祭り中央大会に出演出来ましたこと、大変うれしく思っております。ありがとうございました。

お天気にも恵まれ、第25代さくらの女王・さくらプリンセス、インターナショナルプリンセスの方々と植樹祭にも参加させていただきました!!

(※掲載している写真は許可をいただいております。)

P1090119

P1090157 語り「しだれ桜」の様子。

Photo左より、日本さくらの会理事長 蓮實進様、平野啓子、元衆議院議長 綿貫民輔先生。

Photo_3 左より、初代日本さくらの女王 蓮實久子様、元衆議院議長 綿貫民輔先生、平野啓子、佐野藤右衛門様。

504

507

「咲耶姫(サクヤヒメ)」記念植樹の様子。(憲政記念館前庭にて)

5011_2 香川さくらの女王、大鹿さくらの女王と。

 

◎4月11日(土)

《平野啓子 語りの世界》公演のお知らせ!

お陰様で無事終了致しました!

Photo_3

「しだれ桜」より

Photo_2

「春はあけぼの」手話語り

P1080904_2

公演終了後、与田切川沿いの桜のトンネルで。

右から、高坂町長、平野、松下議長と。

Photo_6

西岸寺 伊那三女ゆかりのしだれ桜 の下で。左から、高坂町長、平野、松下議長と。

P1080936

西岸寺 伊那三女ゆかりのしだれ桜 の下で。

P1080954

「平野啓子語りの世界」(主催:飯島町、飯島町教育委員会)終了後の記念ショット。

前列左より、高坂町長、平野、後藤俊夫映画監督。

2列目左より、山田教育長、箕村副町長。

(※皆様より写真掲載の許可をいただいております。)

皆さん、公演も見に来てくださいました。ありがとうございました!公演終了後、桜の名所を視察しました。

公演当日は天気にも恵まれ、桜祭りの開催中にもかかわらず、多くの皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。

また、桜、花桃、みつばつつじ、こぶし、水仙、菜の花、などなど、まるで百花繚乱!!聞いたところによると、このようにいっせいに咲くことは珍しいそうです。飯島町の皆様はもちろん、咲き誇る美しい花々に囲まれ、上演が出来たこと大変嬉しく思っております。ありがとうございました!!

Photo_7

手にしているのは、信州の美しい風景を集めた冊子「ふるさと信州100選」。飯島町の美しい風景も選ばれています。飯島町ふるさと大使としてもとても嬉しいです!

飯島町ふるさと大使の平野啓子が、

「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)を語り、

みなさまを情感あふれる語りの世界にいざないます。

日時 4月11日(土)開演 15:00  開場 14:30

会場 飯島町文化館 大ホール (長野県上伊那郡飯島町248番地) 

     ☎0265-86-5877

入場料 無 料(当日直接会場へお越し下さい。飯島町にお住みでない方もご覧いただけます。)

主催 飯島町 飯島町教育委員会

後援 いいじま文化サロン

お問合せ 飯島町教育委員会 (平日9:00~15:00)

     ☎ 0265-86-5877  FAX0265-86-5596

1427440186226

【平野啓子の串本町ふるさと大使 便り】

(※写真掲載の許可をいただいております。)

Photo_9

串本 野呂正人教育長写真と 町長室にて

Photo

 以前より入ってみたいと思っていた。名物の橋杭うどんの店。

右より大島小学校山本校長先生、串本町教育委員会野呂教育長、お店のご主人と。

山本さんはこの春から、大島小学校の校長先生に。おめでとうございます!

平野は、エルトゥールル号遭難125年を記念に作成される資料集の監修を務める。

Photo_3 肉うどんと紀州名物めはり寿司

Photo_5紀州名物めはり寿司の中に菜っぱの漬け物が!

Photo_2 天ぷら盛り合わせ、見るからに美味しそうでしょ♪

Photo_6 串本 ある和食店で

【トルコ関係画像】

(※写真掲載の許可をいただいております。)

Photo_11 アンカラで横井裕大使表敬訪問 公邸にて

Photo_12 アンカラで 横井裕大使表敬訪問 公邸にて記念写真

Photo_13 イスタンブール福田啓二総領事を表敬訪問 公邸にてトルコの文化について談話

Photo_14 イスタンブール福田啓二総領事を表敬訪問 公邸にて

Photo_15トルコ ヤロヴァ県知事と。ご挨拶の中で、日本のことを大変ほめてくださいました。

●3月9日(月)トルコ共和国営テレビ局TRTの取材が、東京ジャーミー・トルコ文化センターでありました。 残念ながら、日本では観ることができません…。

Img_7384

Img_7379 取材中の様子。(掲載写真は許可をいただいております)

◎3月15日(日)

産経新聞に、ドイツ・トルコ公演についてのインタビュー記事と、

4月24日(金)開催口演の告知記事が掲載予定です!

ご購入の上、ご覧ください。また、ウェーブ産経のホームページもご覧ください!

「ウェーブ産経の口演会に当選された方には、通知(入場券)はすでに発送されています」

◎4月11日(土)

《平野啓子 語りの世界》公演のお知らせ!

飯島町ふるさと大使の平野啓子が、

「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)を語り、

みなさまを情感あふれる語りの世界にいざないます。

日時 4月11日(土)開演 15:00  開場 14:30

会場 飯島町文化館 大ホール

    (長野県上伊那郡飯島町248番地) 

     ☎0265-86-5877

入場料 無 料

(当日直接会場へお越し下さい。飯島町にお住みでない方もご覧いただけます。)

主催 飯島町 飯島町教育委員会

後援 いいじま文化サロン

お問合せ 飯島町教育委員会 (平日9:00~15:00)

     ☎ 0265-86-5877  FAX0265-86-5596

1427440186226

◎4月17日(金)、18日(土)

しおがまさま 神々の花灯り

盬竈神社境内には竹ろうそくがともり、日本古来の楽器が奏でる幽玄な世界が広がります。

第18回盬竈神社式年遷宮記念

日時 4月18日(土)

時間 18時30分 「能楽」「舞楽」

    19時     「平野啓子の神々のものがたり」

              ~潮・盬・汐~

会場 鹽竃神社門内(荒天時には神社大講堂での開催)

料金 無料

お問合せ   神社社務所  ☎022-367-1611

Photo_3

Photo_4

◎5月1日(金)“東北復興応援!!”

東北・夢の桜街道  東日本大震災復興支援プロジェクト

第4回 “美しき桜心の物語”の語り会       

~桜の札所八十八番・弘前公園~

時間 17:00開演  16:30開場

会場 弘前文化センター・ホール

募集人員 500名(先着順)   参加費 無料

主催 東北・夢の桜街道推進協議会/弘前市/青い森信用金庫/東奥信用金庫

    美しい多摩川フォーラム/美しい山形・最上川フォーラム

協賛 青森信用金庫協会 

P1080823 お申込み方法 氏名、住所、連絡先を明記し、往復はがきまたはEメールでお申し込みください。

東北・夢の桜街道推進協議会事務局「ひろさき係」宛

〒198-8722 東京都青梅市勝沼3-65 青梅信用金庫 地域貢献部内

お問合せ ☎:0428-24-5632  Eメール:info@tohoku-sakurakaido.jp

※往復はがき1枚または1メールにつき5名様までお申し込みいただけます。必ず参加者全員の「氏名」を明記してください。

※往復はがきの方は、返信用はがきの宛先に必ず代表者の「住所・氏名」を明記してください。

※結果は返信用はがきまたはEメールにてお知らせします。

《「平野啓子語りの世界」 

    受講生発表会のお知らせ》 

●3月28日(土) 無事終了しました。

第8回NHK文化センター八王子教室

「平野啓子語りの世界」受講生発表会

時 間 14時 (13時30分開場)

会 場 調布市文化会館 たづくり 8階映像シアター 

      (京王線調布駅下車徒歩3分)

入場料 無料(全席自由)    定 員 100名

演 目 ・「座敷ぼっこ」(宮沢賢治作)

     ・「注文の多い料理店」(宮沢賢治作)

     ・「夢十夜」一夜・六夜・七夜 (夏目漱石作)

     ・「奥の細道」(松尾芭蕉作)

出演者 受講生のみなさん

お問合せ先☎ 080-2085-1100

P1070545_3

●3月22日(日)多摩川 夢の桜街道 桜の札所・八十八ヵ所巡り

五十四番・大國魂神社 第6回“美しき桜心の物語”

Photo_4 美しき桜心の語り会 東京・府中 大國魂神社境内神楽殿にて開催

Photo_5 右から、府中市長高野律雄、平野啓子、細野助博会長、猿渡昌盛宮司

会長による主催者ご挨拶に続き、ご来賓の高野市長、猿渡宮司からもご挨拶を頂戴しました。

どうもありがとうございました!(写真掲載の許可をいただいております)

開演 14:00~15:15(開場13:30)

会場 大國魂神社 神楽殿前

募集人員 200名(先着順、定員になり次第締切)

参加費 無料

主催・お問合せ 美しい多摩川フォーラム事務局

後援 府中市 、大國魂神社

✩3月15日(日)産経新聞に、ドイツ・トルコ公演についてのインタビュー記事と、4月24日(金)開催口演の告知記事が掲載されました。どうぞご覧下さい。

また、ウエーブ産経のホームページもご覧下さい!

  ◎3月11日(水)

《東日本大震災鎮魂コンサートvol.3 祈り、希望、輝くいのち》

物語稲むらの火~先人に学ぶ/フォーレ作曲レクイエム

第1部 平野啓子 語り「稲むらの火」と防災トーク

第2部 フォーレ作曲「レクイエム」、モーツァルト作曲「アヴェ・ヴェルコム・コルプス」

    指揮:粂原裕介

    ソプラノ独唱:藤田美奈子   バリトン独唱:萩原 潤

開演 19:00 開場 18:30

会場 めぐろパーシモンホール大ホール

入場料 1,000円(全席自由)

主催 公益財団法人北野生涯教育振興会

共催 目黒区教育委員会

    公益財団法人目黒区芸術文化振興財団

制作協力/後援

   NPO法人日本声楽家協会 日本声楽アカデミー

お問合せ 公益財団法人北野生涯教育振興会 ☎03-3711-1111

P1080455 「稲むらの火」RHの様子

P1080448

◎3月6日(金)

「文化庁文化交流使フォーラム2015 Japan Cultural Envoy Forum 2015

―第12回文化庁文化交流使活動報告会― 

日本の心を世界に伝える

時間 14:00

会場 政策研究大学院大学 想海樓ホール

主催 文化庁  共催 政策研究大学院大学 

P1080822

P1080203 ドイツ・トルコで上演した「竹取物語」を。

P1080215

P1080231 文化交流使の皆さんと記念写真。(※写真掲載の許可をいただいております。)

 

 ◎3月4日(木) 《「多摩の物語」の語り会》

「語り」の第1人者、平野啓子(元NHKキャスター)とそのお弟子さんたちが、多摩川流域の各地域に伝わる“いわれ”や昔話を掘り起こし、その土地を訪れて

出会った素敵なお話や文化を、わかりやすい「語り」として皆さんにお聞かせするために、「多摩の物語」を編み上げました。この「語り」を聴いて、ぜひ地域の魅力を再発見して頂ければ幸いです。

開演 18:30 開場 18:00

会場 羽村市生涯学習センターゆとろぎ

発表演目 「ねぇ知ってる?多摩に伝わる

          こんなに素敵で不思議な面白い物語」

      平野啓子(副代表)とお弟子さんによる語り

     「羽村編ほか」平野啓子/「八王子・日野編」柳澤淳子

     「小平・小金井・三鷹編」富田元子、川井方子

     「府中・狛江・調布編ほか」冨多和美、馬場エリカ、渡辺真紀

     「大田編」稲垣昂志、山田圭一、加古万里子

募集人数 150名(事前申込要、先着順) 参加費 無料

お申し込み 美しい多摩川フォーラム事務局

●2月13日(金)SBSラジオ公開録音 ラブリバー狩野川

第13回狩野川朗読会

朗読作品 渡辺淳一「風の岬」、 石垣りんエッセイ「夏の日暮れに」

西伊豆最南端の岬に近い小さな町、富士浜町を舞台にした渡辺淳一の希少なユーモアあふれる青春小説。この街へ派遣された25歳の青年医師の3ヶ月にわたる愉快物語を平野啓子の朗読で鑑賞。また、石垣りんの聞く人の心にしみこんでくる美しい詩とエッセイも紹介します。

朗読 平野 啓子

解説・監修 竹腰 幸夫先生(常葉大学名誉教授)

司会 上原 孝男氏(SBSパーソナリティー)

朗読の模様は平成27年2月22日(日)16:30~17:00にSBSラジオで放送!

時間 ディナー 17:00~    朗読会 18:30~20:45

会場 ラフォーレ修善寺サンパティックホール(伊豆市大平)

募集定員 120名

参加費 ディナー付き8900円(税込)

お問合せ SBSラジオ ☎054-283-3644

●2月8日(日) 《ふるさと信州風景100選発刊記念トークショー》

ふるさと信州風景100選ー伝えたい・残したいふるさとの感動ー

信州の美しい風景を集めた冊子「ふるさと信州100選」の発刊を記念し、選定委員の皆様によるトークショー。美味しい地場産品を食べながら、信州の

美しい「ふるさと風景」の魅力を楽しみましょう。

テーマ 信州の「ふるさと風景」の魅力

出演 進士五十八さん(東京農業大学名誉教授)

    結城 昌子さん(アートディレクター・エッセイスト)

    平野 啓子(語り部・かたりすと)

開演 14:00~15:30、 開場 13:30

会場 信州シェアスペース『銀座NAGANO』(2階イベントスペース)

入場料 無料     定員 30名(事前申込制)

主催 長野県

1_3

✩1月30日(金)NHK総合テレビ(毎月曜~金曜08:15~09:54放送)

「あさイチ」で放送されました!

「あさイチ」の【特選!エンタ“美しい日本語の世界”】コーナーで、平野の「語り」を注目し紹介されました!!

●1月22日(木)

平野啓子の語りで贈る 初春の百人一首コンサート

百人一首 千年の出会い~千年の時を越えて響きあう和と洋、古典と現代~

出演 平野啓子(語り)

音楽 YUKI MORIMOTO(森本 恭正)

演奏 糸井マキ(violin)、木村健雄(clarinet)

    石垣征山(尺八)、Yuki Morimoto(pf)

開演 14:00  開場 13:30

チケット料金 S席5000円、A席4000円、学生席2000円

会場 紀尾井ホール

主催 公益財団法人日本伝統文化振興財団

__

137 リハーサルの様子 ピアノはYUKI MORIMOTOさん

121 リハーサルの様子

✩1月15日(木)朝日新聞(夕刊)に平野の取材記事が掲載されました。

また、朝日新聞デジタルにも掲載されました。

「朝日新聞デジタル 古今東西の調べとともに

    元NHKキャスター平野啓子が語る百人一首(2015年1月15日)

✩1月15日(木)22:00~22:54放送

 BAY FM78「THE PRESENT」に

平野啓子がゲスト出演しました!

パーソナリティは、ラフルアー宮澤エマさん。

平野の「yesterday」「tomorrow」、そして「the presentいま」について語りました。平野が「語り」の世界に入ったきっかけや、初舞台のこと、昨年文化庁文化交流使として訪問したドイツ・トルコ公演のようすなど語りました。また、22日(木)の

「平野啓子の語りで贈る 初春の百人一首コンサート

百人一首 千年の出会い~千年の時を越えて響きあう和と洋、古典と現代~」では

平野の語りとYUKI MORIMOTOさんの音楽とはじめてコラボレーションすることなど、いろんなことを語りました。

P1070362_2 収録後、ラフルアー宮澤エマさんと。「百人一首 千年の出会い」公演のチラシとともに。

(※写真掲載の許可をいただいております。)

●1月6日(火)東京消防庁出初式が東京ビッグサイトで開催され、行ってきました!

P1070351

P1070333 オープンカーのパレードで消防関係者の方や消防団の皆さまへ“がんばれ消防応援団”の団員として激励のメッセージをおくりました。今年は、平野はじめ大相撲解説者の舞の海秀平さん、有賀さつきさんで3台のオープンカーに分乗しました。(掲載写真は許可をいただいております)

P1070356 東京消防庁出初式終了後、大江消防総監はじめ舞の海さん、有賀さつきさんと。

 

●1月3日(土)和歌山県串本町の「串本ふるさと大使」に任命されました。

(※写真掲載の許可をいただいております。)

Img_3107pg_2 田嶋町長はじめ、串本ふるさと大使の方々と。

P1011397_2帰国報告を兼ねて慰霊碑お参り。

●1月2日(金)

開業125周年記念「2015帝国ホテルのお正月」

”平野啓子 かたり音(ね)らいぶ”

演目 「ちっちゃなかみさん」(平岩弓枝作)

    「新釈『婦系図』抄」(泉鏡花原作、三隅治雄脚本)

「語り部」として世界に日本の「語り」を伝える平野啓子の世界を、お正月らしい邦楽の響きとともにご堪能ください。

語り 平野啓子

    笛:望月美沙輔 鳴物:梅屋貴音 三味線:東音荒川知子

開演 15:20 開場 15:00

会場 帝国ホテル本館中2階「光の間」

お問合せ 帝国ホテル東京 客室予約課

P1070250_2 「ちっちゃなかみさん」(平岩弓枝作)より

P1070288 上・下「新釈『婦系図』抄」(泉鏡花原作、三隅治雄脚本)より

P1070274

 ✩11月19日(水)の「NHKニュースおはよう日本」で

「ドイツで日本の文学を語る催し」というタイトルで、

平成26年度文化庁文化交流使

語り部・かたりすと 平野啓子 出演の

ベルリン・日独センターでのイベントの様子が放送されました。

NHK NEWS WEBの国際ニュースでも

19(水)から1週間後の24時まで、動画がアップされ、たくさんの方にご覧いただき、感想なども数多くいただきました。ありがとうございました。

また、文化庁ホームページ「文化庁文化交流使フォーラム」のフェイスブックにも

NHK NEWS WEBがアップされました。

◎2014年11月中旬から1ヶ月間、

ドイツ・トルコにて平成26年度文化庁文化交流使活動を行っていた平野がミッションを終え、

無事帰国しました。

A1645_051 ベルリン公演 (C)2014ベルリン日独センター

Photo_24 デュッセルドルフ大学公演の様子

P1012199 ボアジチ大学(トルコ)公演の様子

Photo_25 トルコの大学生に島崎藤村の「初恋」を指導

・12月16日(火)産経新聞に

「文学の語り部 平野啓子さんドイツ・トルコで初公演 美しい日本語の響き披露」というタイトルで掲載されました。

・「文化庁文化交流使フォーラム」フェイスブックもご覧下さい!

https://www.facebook.com/JapanCulturalEnvoyForum

トルコの新聞に「エルトゥールル号」を語った時の記事が掲載されました。

翻訳とともに、下記掲載ページのURLをご覧下さい。

http://karsigazete.com/yeniden-rashomon-makale,360.html

 http://www.haber7.com/kultur/haber/1243604-ertugrul-firkateyni-geleneksel-japon-anlatimiyla-ankarada-sahnelendi

 http://www.haberler.com/ertugrul-firkateyni-geleneksel-japon-anlatimiyla-6760352-haberi/

 http://www.yagmurhaber.com/ertugrul-firkateyni-geleneksel-japon-anlatimiyla-ankarada-sahnelendi/

 英語版(内容は上記3記事と同じ)

http://dippost.com/2014/12/09/japanese-artist-performs-ottoman-frigate-story-in-turkey/

・ボアジチ大学の公演で、ユーチューブにアップされたもの。

テレビ放送された画面と聞いております。

https://www.facebook.com/pages/JAD-Japonya-Ara%C5%9Ft%C4%B1rmalar%C4%B1-Derne%C4%9Fi/1560786664137320

 https://www.youtube.com/watch?v=rWEf63KNz3M

・12月9日 インターネットニュース「ハベル7コム」(アナトリア通信配信記事)

タイトル:エルトゥールル号、アンカラで日本の伝統芸能「語り」で公演

本文抄訳:日本の横浜港を出港した後,1890年9月16日に串本沖で台風に遭い座礁したエルトゥールル号海難事故をテーマにしたイベントが開催された。日本の伝統的な語りの手法を用いて,平野啓子氏が,アンカラで公演をしたもの。

 在トルコ日本国大使館およびアンカラ大学,土日基金,日本の文化庁の共催で開かれたこのイベントには,外交団も含む多くの観客が参加した。

 日本では「語り部」といわれる伝統的な物語の伝承形式を用いたこのイベントでは,124年前のこの事件のデータを元に脚本化し,有名な語り部である平野啓子氏によって公演が行われた。

 公演ではまた,語りの他にアンカラ大学日本語日本文学科の協力も得て,日本の古典文学のいくつかのシーンがトルコ語に翻訳して紹介され,日トルコ友好に貢献した。

 開演前のインタビューに答えた平野氏は,124年前のこの悲劇が今もなお両国間の友好の絆を強固なものにし続けているのだと述べ,両国間の国民がお互いに大変似ていること,日本でもトルコ人に敬意を表しトルコの人々が示してくれた善行を忘れてはいないと述べた。

 オスマン帝国のスルタン,アブドゥルハミド2世が日本の天皇陛下へ返礼のための贈呈品を送るために派遣したエルトゥールル号は,1890年9月16日に帰路の串本大島沖で座礁し沈没した。この海難事故では,たった69名の生存者を除き,オスマン海軍大将を始めとする580名超の殉難者がでた。事故後,地元住民が兵士たちへ行った献身的な救援は,両国の国民の記憶に刻まれている。(了)

・12月11日 当地主要2紙のアンカラ版に、9日の土日基金公演の報道がカラー写真入で掲載されました。下記記事。

P1070241

✩11月28日(金)AM9:00~

 12月9日(火)PM3:00~(リピート放送)

*BSプレミアム『プレミアムアーカイブス』枠内にて放送*

番組名「島倉千代子スペシャル

     ~女たちの人生いろいろ・45年の道~

平野は、朗読で出演しています。

✩ニッポン放送 AM6:15~6:25

11月の毎週日曜日「おはよう!ニッポン全国消防団」に平野がゲスト出演しました。

◎9月25日(木)新国立劇場において開催した

平成26年度文化庁文化交流使記念

「平野啓子語りの世界~靱JIN~」公演の際は、

産経新聞、毎日新聞、静岡新聞、

ニッカンスポーツ、スポーツニッポン、サンケイスポーツ各紙に

関連記事を掲載していただきました。本当にありがとうございました!!

・10月16日(木)静岡新聞(夕刊)に掲載されました。

今年、平成26年度文化庁文化交流使に指名され、11月中旬から1ヶ月間、ドイツ・トルコに派遣されましたが、「日本文学の魅力発信」というタイトルで社会面に掲載されました。ドイツ・トルコに行く思いも書かれています。

・10月14日(火)毎日新聞(夕刊)の

「読書日記」(福地茂雄氏執筆)のコーナーに、

占部賢志著「語り継ぎたい 美しい日本人の物語」が取り上げられ、その記事の中で、

平野の「エルトゥールル号」にまつわる「語り」について触れていただきました。

◎9月25日(木)

平成26年度文化庁文化交流使記念

「平野啓子語りの世界~靱JIN~」

※チケット売り切れ完売!当日も続々とお申し込みいただき、ご入場いただけないお客様もたくさんいらっしゃり、実行委員会も心苦しく思っております。また、台風のため、交通機関の影響で2つのグループの方が、残念ながら、いらっしゃることはできませんでした。 帰国公演も予定していますので、お楽しみに!

第1部 「新釈『婦系図』抄」(泉鏡花原作、三隅治雄脚本)

第2部 ドイツ・トルコ訪問に向けて

     「春はあけぼの」(清少納言作)

     「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)

     「富士山・桜」(平野啓子脚本)

     詩歌・太宰治作品より

     「助け合いの精神!日本とトルコの友情」

        ~エルトゥールル号物語と

             イランでの日本人救出、そして今~(平野啓子脚本)

開演  18:30   開場  18:00

会場  新国立劇場 小劇場

入場料 3,000円(全席指定)

主催 「平野啓子語りの世界」実行委員会

P1060083

Aabb8823 「新釈『婦系図』抄」より

Aabb9116 「しだれ桜」より(上)

Aabb8960 「竹取物語」より

Bbjj2001_2

Aabb9238 「エルトゥ-ルル号物語」より

Aabb9031 「エルトゥ-ルル号物語」より

 

✩9月2日(火)ニッポン放送(AM8:00~11:30)

“垣花正 あなたとハッピー”

『今日から防災ウイーク』のコーナーに、

平野啓子が、一財財団法人防災検定協会理事長として、

AM8:30~9:10間で出演しました。

・8月29日(金)

「消防団を中核とした地域防災力充実強化大会

 ~命を守る地域力防災力~」の司会を、平野啓子が務めました。

主催 日本消防協会      会場 東京フォーラム

P1060392 司会の様子

140829_110101

◎平野啓子が12月に平成26年度文化庁文化交流使としてトルコで

「エルトゥ-ルル号物語」を語り上演するにあたり、

エルトゥ-ルル号の遭難時に亡くなったトルコの人々の魂を

納めた慰霊碑で献花をしました。

その時の様子がNHKニュースで放送されました。

※写真掲載は全て許可をいただいております。

献花の様子(慰霊碑にて)

1_2

P1060161 田嶋串本町長と慰霊碑の前で黙とう

P1060165 献花の後、平野が取材を受けているところ

P1060334 田嶋町長より、レクチャーを受けている様子(町長室にて)

この日、8月20日(水)夕方のNHK和歌山ニュース「あすのWA!」

(総合テレビ〈月~金〉午後6時10分~7時)内で放送されました。

●来年6月3日(水)、和歌山県串本町にて行われる

エルトゥ-ルル号遭難125周年記念式典の司会と

翌4日(木)の文化事業の中での

「エルトゥ-ルル号物語」の語りをさせていただくことになりました!

また、子どもたちがエルトゥ-ルル号の話を学ぶための

テキスト作成の際の監修も担当させていただきます。

「思いがけずお声をかけていただき、誠に光栄に存じております。

15年前からこの話に魅了され、これは国内外のたくさんの方々に知ってもらいたいと、

自分で取材し語りの脚本を手掛けてきた私にとりまして、こんなに嬉しいことはありません。

世代を超えた多くの皆さんの心に刻み込まれるよう精一杯取り組みます!」(平野)

尚、平野は和歌山県串本町をこれまでにたびたび訪問しましたので、

その時の写真の中から、いくつかをご紹介します。

また、年度後半に平成26年度文化庁文化交流使として訪問する、

アンカラやイスタンブールでも「エルトゥ-ルル号」の語りをすることになっています。

その下見と打合せに行ってきました!

その写真の一部も。(掲載写真は全て許可をいただいております)

Jpg_6 串本町 田嶋勝正町長(町長室にて)

Photo_22 串本町 田嶋勝正町長(町長室にて)

Photo_23 横井裕特命全権大使(在トルコ日本国大使館にて)

Jpg_7 右から、トルコ共和国大使館 アリ・カラクシュ文化広報参事官、

トルコ共和国大使館外務省班 イブラヒム・チェティンカヤ一等書記官

平野、

トルコ共和国大使館文化部 テラト・アイドゥン代表

絵は、「トルコ共和国初代大統領アタテュルクの肖像画」

(駐日トルコ共和国大使館にて)

Photo_13 青柳正規文化庁長官と(文化庁文化交流使指名書交付式開始前の説明会場にて)

Photo_12 冬に消防団海外視察で、在イスタンブール日本国総領事館訪問。福田啓二総領事の講和を聴く。

20143_2 串本町 橋杭岩にて

Jpg_9 串本町 橋杭岩と平野

Jpg_10 串本町  橋杭岩より紀伊大島をのぞむ

Photo_14 串本町 船甲羅

Photo_15 串本町 樫野崎灯台と慰霊碑(手前)

Jpg_11 串本町 潮風の休憩所の外観と平野 浜風が気持ちいい!

Jpg_12 串本町 潮風の休憩所の展示物

・羅針盤(オーストリアに近いアラフラ海へ戦後、白蝶貝を採取しに行った船に搭載)

・ポンプ(白蝶貝を採取するダイバーに空気を送るポンプ)

Photo_16 串本町 海側から高台に直行できる、防災の視点も入った陸橋

Photo_17 アンカラの美容室

P7161650_2 マルマライ地下鉄へのフェリー

Photo_18 マルマライ地下鉄の駅(イスタンブール)

Photo_19 マルマライ地下鉄 これに乗りました。

Dsc_6474_2 トルコのあるマーケットにて

キャスター付きの買い物かごを引っ張っています。お水などを購入。

Photo_20 イスタンブールのモスクにて

Photo_21 イスタンブールのモスクにて

◎8月2日(土)

第6回清里の森 涼風祭 suzukazesai vol.6

「ああ、富士山!ああ、桜!」

「走れメロスとドイツの詩人シラー」

「助け合いの精神!日本とトルコの友情」

  ~エルトゥ-ルル号物語とイランでの日本人救出~

世界遺産にも登録された富士山や桜のお話、太宰治作「走れメロス」、

助け合いの精神が国境を越えた御話を描いたドキュメンタリー作品などを、

今年度文化庁文化交流使に指名された

平野啓子の「語り」と「朗読」により、グローバルな視野でお届けいたしました。

開演 14:00   開場 13:30

会場 清里の森音楽堂

料金 2000円

主催 清里の森音楽堂実行委員会

P1050991 「走れメロス」より

P1060052 「エルトゥ-ルル号物語」より

●7月19日(土)

府中市・市制施行60周年記念「武蔵国 府中大使」に平野が任命されました!

翌日20日(日)の読売新聞に、授与式の様子や、平野のコメントも掲載されました。

P1050587 「武蔵国 府中大使」任命書授与式の様子  市長公室にて。(※写真掲載の許可をいただいております。)

●7月5日(土)

市制施行60周年記念「さがみはら防災フォーラム」

~自助・共助・近助でつながる防災都市さがみはら~

にパネリストとして出演しました。

「災害を語りつぐ~困難を生き抜いた人々の話~全11話」(内閣府刊行)の中から、

関東大震災で救護活動に携わった、現在109歳の日高帝さんの話や、

日本とトルコの友好関係に結びついた「エルトゥ-ルル号遭難」の話等も紹介しました。

P1050467 パネルディスカッションの様子(於:相模原市民会館ホール)(※写真掲載の許可をいただいております。)

左より、コーディネーターの市川 宏雄氏(明治大学専門職大学院長)

     平野 啓子(語り部・かたりすと、元NHKキャスター)

     田所 昌訓氏(相模原市自治会連合会会長)

     加山 俊夫氏(相模原市長)

✩6月15日(日)産経新聞に平野のインタビュー記事

《心技体で「ありったけの思いを」》が掲載されました!

平成26年度文化庁文化交流使として、ドイツ・トルコに行く思いが書かれています。

✩5月14日(水)東京新聞(夕刊)の

「足あと」瀬戸内寂聴先生のコーナーで、

「しだれ桜」が取り上げられ、

平野啓子の語り「しだれ桜)についてお触れくださいました。

◎5月14日(水)

衆議院前議員会総会・春季講演会

瀬戸内寂聴先生の「しだれ桜」、

「稲むらの火」(中井常蔵作/小泉八雲原作)

「エルトゥ-ルル物語」(平野啓子脚本)

の「語り」や、トークをお届けしました。

P1050321 講演時の様子。

P1050346 講演終了後、控え室にて。とても素敵なお部屋でした。

◎5月9日(金)トルコ大使館を訪問しました。

Pg右から、トルコ共和国大使館 アリ・カラクシュ文化広報参事官、

トルコ共和国大使館外務省班 イブラヒム・チェティンカヤ一等書記官

平野、

トルコ共和国大使館文化部 テラト・アイドゥン代表

絵は、「トルコ共和国初代大統領アタテュルクの肖像画」

(駐日トルコ共和国大使館にて)※写真掲載の許可をいただいております。

◎5月5日(月・祝)

「府中大國魂神社例祭“くらやみ祭り”」が、

J:COMで生中継され、平野がゲスト出演しました!

“くらやみ祭”にまつわる物語を平野が朗読しました。

P1050293 番組終了後、出演者の皆さんと。(※写真掲載の許可をいただいております。)

(右から、平野、府中市郷土の森博物館・小野館長、総合司会の押坂忍さん、鈴木梢さん)

◎5月1日(木)“東北復興応援!!”

東北・夢の桜街道  東日本大震災復興支援プロジェクト

第3回~桜の札所五十九番・盛岡城址公園~

“美しき桜心の物語”の語り会 

“美しき桜心の物語”の語り会には、数百名のお客様がお越しになりました。パイプオルガンを背景に、情緒豊かに語りと朗読をお届けしました。

瀬戸内寂聴先生の「しだれ桜」の語り、地元ゆかりの宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」、「ポラーノの広場」の朗読や、「雨ニモマケズ」を皆さんと群読しました。

開演 17:00  開場 16:30

会場 盛岡市民文化ホール・小ホール

募集人員 300名  参加料 無料

主催 東北・夢の桜街道推進協議会

P1050081

P1050111パイプオルガンを背景に。とても素敵なホールでした。 

P1050148 公演終了後、皆さんと。写真左より(※写真掲載の許可をいただいております。)

東北・夢の桜街道推進協議会 副会長 柴田洋雄氏

美しい多摩川フォーラム   名誉会長 篠塚英子氏

語り部・かたりすと、美しい多摩川フォーラム副会長 平野啓子

東北・夢の桜街道推進協議会 会長 細野 助博氏

【祝 旭日重光章受章!福地茂雄様】

毎日新聞〈2013年7月30日(火)〉の『読書日記』で平野の「語り」について触れてくださった、

福地茂雄様(元アサヒビール社長、元日本放送協会会長)が旭日重光章を御受章になりました。心よりお祝い申し上げます。おめでとうございます。

◎4月28日(月) 

【平野啓子が

平成26年度文化庁文化交流使に!ドイツ・トルコに派遣】

平成26年度文化庁文化交流使指名書交付式が行われました!

青柳正規長官により、指名書が手渡されました。

(掲載写真は全て許可をいただいております)

P1050005

Dsc_5026

Dsc_5030

Dsc_5059_2

Dsc_5107 青柳長官と平成26年度文化庁文化交流使集合写真。

Dsc_5269

Photo_26 式開始前の説明会場で青柳長官と。

【瀬戸内寂聴先生とツーショット】

2_2 相変わらずお元気で、偉大な方で、かつ、とても優しいせんせいです。

寂聴先生、いつもお見守りくださりありがとうございます!

寂聴先生の「しだれ桜」、一生語り伝えさせてください。(平野啓子)

(瀬戸内先生と。寂庵のしだれ桜のもとで)。(掲載写真は許可をいただいております)

◎4月12日(土)

新宿御苑で行われた、安倍総理大臣主催の「桜を見る会」に出席しました。

P1040511 お天気にも恵まれ、八重桜が満開でした。

P1040564 沿道には幾重にも人・人・人。そんな中安倍総理大臣と握手は出来ませんでしたが、声をお掛けするとハイタッチしてくださいました。感激!

P1040522 「茶そば」大変美味しくいただきました!!

●4月8日(火)

東京世田谷中央ロータリークラブ「観桜会」で「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)を語りました。

会場は、東京マリオットホテル「ザ・ガーデンビュー」で、窓ガラス越しに八重桜を愛でながら、瀬戸内先生の「しだれ桜」を語りました。(掲載写真は許可をいただいております)

P1040476

P1040484 東京世田谷中央ロータリークラブ/ハゴロモ・橘会長と

P1040493 元「桜の女王」の方と。

【生誕120年「武井武雄の世界展」】

大正・昭和のこども達は、このファンタジーで育ちました。

生誕120年「武井武雄の世界展」の展示映像の語りを平野が担当しました。

期間 2014年4月23日(水)~5月5日(月・祝)

時間 午前10時~午後7時30分(最終日は午後5時30分まで。午後6時閉場)

会場 横浜高島屋

◎3月28日(金)

「平野啓子語りの世界~魂kon~」

第1部 「ちっちゃなかみさん」(平岩弓枝作)

第2部 「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)ほか「お楽しみ!」-富士山のお話など

時間  18:30 (18:00開場)

入場料 4500円(全席指定)

会場  国立演芸場

主催・企画・制作 平野啓子事務所オフィスエイワン㈲

協力 K・H会 語り部平野啓子サポーター「チームHIRANO」

飯田忠德、太田浩市、服部正弘、宮川和幸、平野啓子ファンクラブ

平野啓子の語り芸術を高める応援文化人 吉田茂、服部幸應

P1040243

Midh0343 「ちっちゃなかみさん」より

Midi1710 「しだれ桜」より

◎3月28日(金)夜23時からJコムで防災の特番放送。板橋区内での放送。

3名のパネリストへのコーディネーターを兼ねた司会で出演。

P1040330

P1040338 収録中の様子。

3/29(土)21:00~、3/30(日)17:00~も放送。

●「連城三紀彦さんを偲ぶ会」にまいりました。

素晴らしい作品をたくさん残された連城先生。

先生の作品のおかげで、私にも素晴らしい「語り」の作品がひとつ残りました。

女心が激しくぶつかり合う「落葉樹」。

何度も舞台で語り上演をさせていただき、NHK芸術劇場で語り芸術として放送もしていただき、その後、ビデオ販売となり、完売しました。

この放送は、ギャラクシー賞奨励賞を個人と団体でW受賞しました。

先生は、私の舞台にも先生のお弟子さんと一緒に何度かお運びくださいました。

先生、本当にありがとうございました。

偲ぶ会で、「落葉樹」の当時の編集者の方ともお目にかかりました。

またいつか上演させてください。

連城先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 平野啓子

P1040286 写真は、落葉樹の語りビデオ(NHKサービスセンター)

連城先生の新刊本「小さな異邦人」(文藝春秋)、偲ぶ会で配布された冊子。

◎3月3日(月){3月2日(日曜深夜)}

平野啓子の語り「山月記」(中島敦作)放送!

午前3時~午前3時30分、NHKBSプレミアム プレミアムステージで放送。

国語の教科書に必ずと言っていいほど載っている名作「山月記」(中島敦作)を魂を込めて平野が暗誦の語りで上演しました。

Photo

◎3月2日(日)13時~15時、NHKBSプレミアム放送

日本歌手協会 創立50周年記念 東日本大震災被災地支援チャリティー

「第40回歌謡祭」

総合司会と朗読 平野啓子(朗読は、被災地への思いを伝えています)

司会 中村メイコさん、合田道人さん

朗読 中村メイコさん、倍賞千恵子さん、平野啓子

また、ペギー葉山さんはじめ、素晴らしい歌手の方々が、心にしみる歌をお届けしました。

◎2月17日(月)「全国消防団大会」式典で司会を務めました。

P1040209

◎2月14日(金)SBSラジオ公開録音 第12回狩野川朗読会 

ラブリバー狩野川 《富士山世界文化遺産登録記念》

朗読作品  新田次郎「富士山頂」より /草野心平「富士山」より

朗読 平野 啓子

解説・監修 竹腰 幸夫先生(常葉大学名誉教授)

「台風の砦を富士山に築く」ため、命を懸けて闘う男たち。夢の実現へ、作家自身が体験した事実を「記録した」渾身のドラマを平野啓子の朗読で鑑賞。また、草野心平が富士山に関する作品を収めた詩集も紹介。

朗読の模様は《富士山の日》平成26年2月23日(日)16:30~17:00にSBSラジオで放送!

時間 ディナー 17:00~    朗読会 18:30~20:45

会場 ラフォーレ修善寺サンパティックホール(伊豆市大平) 

*収録のあった2月14日(金)は、今年2度目の大雪の日で、あたり一面銀世界で幻想的なひと時でした。大雪にも関わらず、多くの皆様にお越しいただきました。感謝しております。

(掲載写真は許可をいただいております)

P1040160

P1040172

【平野啓子トルコ訪問】

念願のイスタンブールに行ってきました!!

そこここに遺跡のある歴史のあるところ。その歴史の中に、日本も友好国として存在します。ぜひ、この地で、エルトゥールル号海難事件とイラン・イラク戦争時のトルコによる日本人イラン救出のお話をしたいと思いました。

日本、トルコ両国の人々にある惻隠(そくいん)の情を伝えたい、そしてもっともっと日本を知っていただきたいです。

トルコで買い物をした祭、お店の方が薦めるお品はどこでも良質でしたのでとても好感が持てました。高価、安価にかかわらず、まがい物や使えばすぐ壊れるもの、少々難あり製品などは決して薦めません。たとえどんなに小さな仕事でもその出来栄えに誇りを持つ国民気質なのかしら、とふと思いました。そんなところが日本人と似ている感じがして…。また訪れたときに、その辺確認したいと思います。今回の訪問についての詳しいことはまた改めて。」(平野)

《エルトゥールル号に関する主な公演》

    "the Ertugrul"~the war of Iran・Iraq~

「エルトゥ-ルル号物語」は、平野啓子が「エルトゥ-ルル号海難事件」の舞台となった和歌山県串本町に何度も現地を訪れ、地元の皆様からお話を伺い、また、関係者の方々への取材を通して、その後のイラン・イラク戦争の時に、トルコの救援機による日本人救出の話までを自らまとめ創り上げたドキュメンタリー作品です。

Mida2739

Img_4359_2

Img_4331_2

「エルトゥールル号物語」の公演活動について、詳細は「語り継承活動」でご覧いただけます。  

 

◎2月11日(火・祝)「建国記念の日 奉祝中央式典」

明治神宮会館で「古事記」等、神話の語りや現在に至る話をしました。また、「エルトゥールル号物語」を語らせていただきました。

P1040128

◎2月10日(月) ゲートシティ大崎15周年記念特別公演

ゲートシティ大崎15周年、おめでとうございます!

第1部では4代目柳亭市馬師匠の素敵な「落語」で、第2部では柳亭市馬師匠と平野啓子のトークセッション。そして第3部では「平野啓子語りの世界~『婦系図抄』〈湯島の境内まで〉~」(泉鏡花原作、三隅治雄脚本)を上演。

Dsc_4223

Dsc_4225

Dsc_4230

本物の梅の花と、平野の『婦系図抄』〈湯島の境内まで〉の語りで、そこにまるで湯島の境内が浮かび上がるようだと、多くの方からご感想をいただきました。

◎2月2日(日)文部科学省主催イベント

~とびだせ!キッズ!~「みんなで体験活動ワールド」

時間 10:00~17:00

会場 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4階展示ホールA1

《防災キャンプ全国フォーラム》            

【平野啓子の防災トーク】 15:00~16:00

~「語り」で伝える防災の心~

文部科学省主催「体験活動ワールド」でジュニア防災検定第1回検定試験の成績優秀者に表彰状を協会理事長を務める平野啓子より授与しました。「子どもたちのお顔が皆、りんと誇り高く輝いていたのが嬉しかったです。JBKバッジも喜んでくれましたよ。よく似合っていたよ!そう、あなたちがこれからの街の安全安心を支えるのです。頑張ってね!第2回は、来年度の夏に開催します。次の受験者も待っていま~す!」(平野啓子)

このあと、平野の防災トークで、「稲むらの火」と「エルトゥ-ルル号海難事件とイランからの日本人救出」を語りました子どもたちも熱心に聞いてくれました。

また、平野が、日本ユネスコ国内委員会広報大使とESDオフィシャルサポーターを務めていることから、防災もまさにESD!と皆さんに呼びかけました。

Photo

Photo_2平野の語りとトークの様子。 

Photo_4 ジュニア防災検定成績優秀者の皆さんと。(皆さんのご了解のもと写真掲載)

◎2月1日(土)

「平野啓子語りの世界」

演目 「婦系図抄」-湯島の境内まで-(泉鏡花原作、三隅治雄脚本)

時間 14:00 開場 13:30

会場 目黒区区民センターホール

入場料無料 当日先着400名

◎1月15日(水)

新春初公演【災害復興支援-東日本・フィリピン・伊豆大島】

ワンコイン語り公演「平野啓子語りの世界-絆・測心(惻隠そくいんの心)

第1部 語り「山月記」(中島敦作)

       「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)

第2部 「エルトゥ-ルル号物語」(平野啓子脚本)

     「稲むらの火」(中井常蔵作、小泉八雲原作)

        (カタリザーの会「稲むらの火チーム」上演)

開演 19時  開場 18時30分

会場 東京芸術劇場シアターウエスト

入場料 500円 ※チケットの売り上げは、皆様のお心を添えて全額寄付します。

主催/企画・制作・製作 平野啓子事務所オフィスエイワン㈲

協力 ユニバーサルミュージック(同)/K・H会 語り部平野啓子サポーター「チームHIRANO」

    平野啓子ファンクラブ 

Midh2553 「山月記」より

Midh2631 「エルトゥ-ルル号物語」より

◎1月6日(月)

東京消防庁出初式が東京ビッグサイトで開催されました。

P1030683_2 

オープンカーのパレードで消防関係者の方や消防団の皆さまへ“がんばれ消防応援団”の団員として激励のメッセージをおくりました。今年は、平野はじめテレビでお馴染みの石黒賢さん、アニマル浜口さん・浜口京子さん親子で3台のオープンカーに分乗しました。

P1030668

P1030688

東京消防庁出初式終了後、大江消防総監はじめ石黒賢さんと。石黒さんは、消防服が大変お似合いでした!(掲載写真は許可をいただいております)

✩石黒賢さん、TBS放送、毎週木曜日午後9時、Dr.DMAT 出演。

◎1月2日(木) 18時から一挙5時間放送

テレビ東京開局50周年特別企画

新春ワイド時代劇「影武者 徳川家康」(主演:西田敏行さん) 

✩平野が全編「語り」を担当しました。

【2013年】

◎12月29日(日)20時~21時30分 NHKBSプレミアム放送

日本歌手協会 創立50周年記念 東日本大震災被災地支援チャリティー

「第40回歌謡祭」

総合司会と朗読 平野啓子(朗読は、被災地への思いを伝えています)

司会 中村メイコさん、合田道人さん

朗読 中村メイコさん、倍賞千恵子さん、平野啓子

また、ペギー葉山さんはじめ、素晴らしい歌手の方々が、心にしみる歌をお届けしました。

*3月にもNHKBSプレミアムで放送予定!30分延長の2時間版です。

◎12月25日(水)

「正論」新春特大号 地域再生によりそって

“平野啓子「語り」でつなぐ、被災地の輪”

というタイトルで、グラビアページに掲載されました。

◎12月6日(金)

【熱田神宮創祀1900年記念講座

     「ヤマトタケルと熱田神宮~日本神話と日本人のこころ~」】

平野による語りと朗読で日本神話の世界をお伝えしました。

P1030501

P1030496 

◎12月8日(日)

平野啓子 かたり音(ね)らいぶ!

・ヴェルディ作曲「椿姫」より名場面を中心に

             アリア「乾杯の歌」「ああそは彼のか~花から花へ」

語り 平野啓子(脚本:平野啓子)

ソプラノ 太田優子

演奏 似鳥あかね

・語り音トーク「ひとり旅・ドイツからの報告~語り文化を訪ねて~ゲーテなど」

開演 11:00(開場は20分前)

会場 銀座資生堂ワードホール

入場料  8,000円

*この公演で大阪芸術大学卒業生3名が裏方で加わりました。

P1030520

◎平野啓子のお知らせ

「語りは心の絵画~語り言葉の奥深さと広がり~」

大阪芸術大学短期大学講義

前半は平野のストレート講義で、後半に小野寺昭教授に加わっていただき、語り、朗読、芝居の接点などについて、様々な各度より話を展開しました。

小野寺先生、急遽のご登場ありがとうございました!

写真入る

◎11月30日(土)

ESDユネスコ世界会議1年前イベント 伝統・技術・文化の継承

あいち・なごやESDフェスタ2013in三河

会場 豊田産業文化センター

平野は午前中のオープニングセレモニーに出席しました。

写真は、大村秀章愛知県知事、太田稔彦豊田市長はじめ皆さんと(オープニングセレモニーの様子)(掲載写真は許可をいただいております)

P1030336

P1030407 午後からのESDオフィシャルサポーター トークショーでは、手話語り「春はあけぼの」や「雨ニモマケズ」を会場の皆さんにも参加していただきました。

◎11月27日(水)

聖徳太子「十七条憲法」を朗読!

中宮寺東京妙光会第39回例会で、語り「蜘蛛の糸」(芥川龍之介作)や、声の表情の大切さ、聖徳太子「十七条憲法」の原文朗読など実演を交えながら上演しました。最後にアンコールをいただき、皆様と一緒に「春はあけぼの」の手話語りで幕を閉じました。

P1030209_2 語り「蜘蛛の糸」より

P1030269 手話語り「春はあけぼの」より

◎11月25日

消防団120年・自治体消防65周年記念大会

天皇皇后両陛下御臨席のもと開催されました。

「命を守る消防の底力が東京ドームにみなぎりました。私は、東京ドームで声を出すのが初めて。

徳光和夫さんとは2回目です。以前は、遠藤実先生の作曲生活50周年記念コンサートで両国国技館でご一緒しました。今回は、東京ドームで徳光和夫さんの素晴らしい司会で、私も安心して司会をすることができました。ありがとうございます。

この機会をくださいました関係者の皆様には、心より感謝申し上げます。消防職員、消防団の皆様、これからも健やかに頑張ってください。」(平野)

P1030125

P1030166 左より、秋本会長、徳光和夫さん、平野(掲載写真は許可をいただいております)

◎11月16日(土)

「雑誌『正論』40周年記念イベント

“Remember HOPE"東北復興支援プロジェクト」

=平野啓子 語り・朗読・読み聞かせ=

一部では、地元南三陸に伝わる民話や、語り「竹取物語」抄、絵本の読み聞かせ「ラヴ・ユー・ フォーエバー」(ロバート・マンチ作)を上演しました。

P1020960 語り「竹取物語」抄より

P1020962 絵本の読み聞かせ「ラヴ・ユー・ フォーエバー」(ロバート・マンチ作)

2部は、ワークショップで参加者全員で「春はあけぼの」の手話語りや、声の表情の大切さについて、また、最後には「エルトゥ-ルル号海難事件」(平野啓子著)を参加者の皆さんと朗読しました。

P1020983 「春はあけぼの」の手話語り

P1030014_2 朗読「エルトゥ-ルル号海難事件」

P10209101 地元美容室で、いざ本番!

P1020916 地元美容室の前で。

【祝 瑞宝重光章受章!篠塚英子様】

先日、当ホームページに掲載させていただいた、「金融財政ビジネス」巻頭言の執筆者、篠塚英子先生が、今秋の叙勲で瑞宝重光章をご受章されました。

篠塚先生は、初の女性人事官として重責を担われた方です。

このたびのご受賞、心よりお祝い申し上げます。

◎11月8日(金)

平野が副代表を務めるオーライ!ニッポン会議(都市と農山漁村の対流を推進する会議)が開催され、平野は、優良な取り組みの団体の表彰式でトロフィー授与と、語り「万葉集」より農村風景が美し国と詠まれた舒明天皇の長歌、庄屋さんが村人を津波から救うために高台にある稲束に火をつけて村人たちを駆け上がらせた「稲むらの火」の解説、農村の助け合精神が日本とトルコの友好関係にまで結びついた「エルトゥ-ルル号海難事件」を語りました。

代表の養老孟司先生、副代表で審査委員長の安田喜憲先生の素晴らしい講和、そして、各地の優良事例の担い手の皆様の大変貴重な活動報告の後なのでとても緊張いたしました。

皆様最後までお聞きくださり、ありがとうございました。

これからも素敵な農村を創ってください!(掲載写真は許可をいただいております)

P1020818

P1020826

P1020834 表彰式記念写真。右から3人目は林農林水産大臣

P1020843 「語り」万葉集より舒明天皇の農村風景を詠った和歌、「稲むらの火」「エルトゥ-ルル号海難事件」

 ◎11月11日(月)

生誕140年記念 泉 鏡花「浪漫と幻想の世界」講演と朗読の会

開演 13:15   開場 12:45

会場 逗子文化プラザなぎさホール

朗読作品:①春昼・春昼後刻 ②草迷宮 ③婦系図

講演 吉田昌志氏(昭和女子大学教授)

朗読 平野 啓子(語り部・かたりすと)

特別出演 波乃久里子氏(劇団新派 女優)

入場料 前売り2000円 当日2500円

主催 逗子市文化協会       

後援 逗子市教育委員会

協力 NPO法人パートナー逗子

P10208861

P1020881 

◎「金融財政ビジネス」〈10月17日(木)〉の巻頭言に、

篠塚英子先生(お茶の水女子大学名誉教授)が平野の語りについて触れてくださいました。

9月28日国立演芸場「女が語る-こころの情景-」をお聴きくださり、

「語り」の威力というタイトルでお書きくださいました。

P1080811

 ◎10月16日(水)

としま文化フォーラム 共に創る文化の魅力づくり

第4回 平野啓子

『心に届く言葉 語りは心の絵画~対面して伝えるコミュニケーションの大切さ~』

***福地塾長との対談、語りの実演も***

(掲載写真は許可をいただいております)

Dsc_9026 対談の様子

P1020734

P1020756 台風の中、満席のうちに終了しました。お足元の悪い中、多くの方にお越しいただき、かたじけなく存じております。

このフォーラムで、初めてパワーポイントを使用しました!平野の初舞台の写真から最近の舞台のもの、NHKニュースキャスター時代の懐かしい写真をご覧いただきながら、トークを進めていきました。準備から本番にいたるまで、としま文化フォーラム実行委員会の方々には、大変お世話になりました。また、東京芸術劇場の音響・照明の方や、心ゆくまでリハーサルにお付き合いいただき、綺麗なお花も舞台に添えていただきました。

無事にフォーラムを終えることができたのも、福地塾長、高野副塾長、荻原様はじめスタッフの方、皆々様のおかげです。誠にかたじけなく存じ上げております。

写真入る

終了後、集まった皆さんと。写真には写っていませんが、見えないところでお力を注いでくださった皆様も合わせての、総力結集のフォーラムという感じでした。

「10年に一度の大荒れの台風の日に、まさかの万席!!とても嬉しかったです。塾生の皆様、ほんとに文化に関心の高い方々なんですね。素晴らしい!もしかすると、この日5人しか集まらなかったら、平野がかわいそうだと思ってくれた、優しさもあるのでしょうか(笑い)。

福地塾長には、対談にもお付き合いいただき、テーマにそくした、とても有意義なお話を伺うことができました。誠にかたじけなく存じております。

塾長はじめ、主催の皆様も素敵な方ばかりで、このチームでまた何かできたらなぁ、と夢が膨らむ1日でした。駆けつけてくださった、高野副塾長、客席でお聴きくださった小田島先生にも感謝です!」(平野の独り言)

◎10月13日(日)

金沢大成リサイタル2013-カブキモノ-

和楽器と語りでおくる「走れメロス」(太宰治作より)

演目:津軽あいや節、淡海節、秋田大黒舞、佐渡おけさ、and more…

金沢大成、菊千満千賀、橋本みぎわ、菊地良則、冨田慎平

特別出演 平野啓子

開演 13:30  開場 13:00

会場 江東区深川江戸資料館小劇場

チケット 前売り3500円  当日4000円(全席自由) 

今回限りのレアモノ「走れメロス」  どうぞお楽しみに!

リサイタル終了後には、下町風情をたっぷり楽しんでお帰りください。

(掲載写真は許可をいただいております)

P1080816

P1020670

Dscf3834 上:公演の様子。  下:リハーサルの様子。

津軽出身の太宰治作「走れメロス」を青森が生んだ津軽三味線の音色、そして多くの和楽器との大共演でお届けしました。

先日のリハーサルでも和楽器だけで重々しいお城の雰囲気や、結婚式ののどかなシーンがあんなに表情豊かに表現できるとは思ってもいませんでした(ごめんなさい)。平野もいつもよりずっと声を張り上げて、あっというまの30分でした。ほかに、心地よい民謡などの演奏もあり、充分お楽しみいただけると思います。

◎9月28日(土)

平成25年9月特別企画公演

「女が語る-こころの情景-」

語り 平野啓子「星に還った“少年”」(芥川龍之介原作「奉教人の死」より、太田博脚色)

語り(新作)とバイオリンのコラボレーション!

ほか、女性芸人による落語、紙切り、講談。

P1080813

Mide2054

Midf1754

Midf1849

Midf1817

◎9月8日(日)【=東京オリンピック招致おめでとうございます!!=】

この日は、ちょうど平野の、ン歳の誕生日で、本人もとても喜んでいます。

◎8月31日、9月1日

防災フェア2013in六本木

平野啓子と地元の子供たちによる

「富士山噴火と万葉集恋歌」「神田のバケツリレーから学ぶ現在の対策」

平野啓子の受け持ったコーナーでは、今年が関東大震災から90年ということと最近懸念されている富士山の噴火について焦点を当てて、地元の子どもたち参加で伝えました。

区内の赤坂中、六本木中、笄小、本村小、児童生徒たちによる富士山を詠んだ万葉集の朗読や、関東大震災の時の神田のバケツリレーの話などを伝えました。

平野はそれぞれの学校に指導に行きましたが、子どもたちが難しい万葉集をとても面白がって、声に出して取り組んでくれました。

一日目、二日目、共に子どもたちの生き生きとした朗読が見られ、特に二日目では早くも暗記をして、台本を見ずに語る等の活躍も見られました。

ぼうさい質問箱では、「富士山はいつ噴火するのか?」「火山灰はどこまで飛ぶのか?」など手ごわい質問もありましたが、伊藤和明先生はとてもわかりやすく答えてくださり、まだまだ子どもたちからの質問が止まぬ中、盛況の中で幕を閉じました。(掲載写真は許可をいただいております)

Dscf36602

Img_2341

◎8月19日(月)「家庭教育新聞」に下村博文文部科学省大臣との対談が掲載されました。ぜひご覧下さい!

Image 対談中の様子。   

◎8月18日(日)

第5回清里の森 涼風祭(すずかぜさい)

平野啓子「語り」の世界 「銀河鉄道の夜~ジョバンニの日記~」

銀河鉄道で夢のような楽しく不思議な旅をする男の子2人、ジョバンニとカンパネルラ。しかし、カンパネルラは突然姿を消す。草の丘の上で目覚めたジョバンニはなんとカンパネルラの訃報を知ることに。宮沢賢治の死後に編集されたこの物語。現在刊行の本にはほとんど掲載されていない「ジョバンニの切符」の後半部分を盛り込んで、「生きること」「幸せ」の意味を伝えられれば…。全編にわたる詩のような美しい文章を、清里の涼風とともにお楽しみください。

時間 14時開演(13時30分開場)

会場 清里の森音楽堂

料金 2000円

P1020138

P1020175

◎8月9日(金)大阪・毎日新聞(夕刊)に

「読書日記」(福地茂雄氏執筆)のコーナーに齋藤孝著「声に出して読みたい日本語」が取り上げられ、その記事の中で、平野啓子の朗読について触れていただきました。

・北海道では、8月5日(月)朝刊に掲載されました。

◎「財界」(8月6日号)に平野啓子(一般財団法人防災検定協会理事長、語り部・かたりすと)の記事が掲載されています。

タイトル「災害から命を守るジュニア防災検定」です。どうぞご覧ください!

◎7月24日(水)

としま文化フォーラム(全5人シリーズ)がスタートし、一人目の講師根津公一氏の講演が開かれました。四人目で登場する平野も出張先の大阪から駆けつけました。写真は塾長の福地茂雄様、副塾長の高野豊島区長、講師根津公一様と。また、福地茂雄東京芸術劇場館長肝いりのリニューアルエスカレーターで福地様と。(掲載写真は許可をいただいております)

1

Photo

◎7月20日(土)国立小劇場で、コンテンポラリーダンスの作曲などでも有名な笠松泰洋さんをゲストに迎えて「邦楽へのいざない」のナビゲーターをさせていただきました。冒頭のトークでは9人の邦楽演奏者へのインタビューをいたしました。こんなに一度にたくさんインタビューするのは私にとりまして初の経験でしたが、邦楽の底力を感じてもらえるトークにできたらと思いながら臨みました。これは初めての方にも邦楽を身近に感じてもらうのを目的にした公演です。私も日常の中で、ふと感じていることを織り交ぜてインタビューさせていただきました。皆さん本番前なのに実演を交えながら気持ちよく答えてくださり嬉しかったです。また、笠松さんの西洋音楽との比較の中での新鮮なお話もたくさんお伺いできました。ありがとうございました!そのあとは、長唄、尺八、常盤津、自唄の本格的な演奏を解説させていただきまして、至福の時でした。

P1020107 公演終了後、笠松泰洋さんと 国立劇場にて(掲載写真は許可をいただいております)

◎7月18日号「週刊新潮」の『提示板』のコーナーに平野が登場しました。ご購入の上ぜひご覧下さい!

◎7月18日(木)=平野啓子「公開リハーサルサロン」=

開演 14:00~19:00(終演予定)

会場 東京オーディオミュージックレコード

昼 14:00~

・演者(併記の作者の詩を朗読します)

大塚啓子(工藤直子)、金子保夫(吉野弘)、川井方子(新川和江)、高坂まり子(岸田衿子)、越山和子(三吉達治)、田中葉子(島崎藤村)、土屋洋子(宮沢賢治)、冨田和美(島田奈都子)、富田元子(茨木のり子)、中西邦子(吉野弘)、中村慶子(谷川俊太郎)、西尾弘(茨木のり子)、馬場エリカ(高村光太郎)、本田智容子(新井満)、渡辺真記(相田みつを)

休憩

夜 18:00~

稲垣昂志(ゲーテ)、加古万里子(中原中也)、山田圭一(ラフカディオ・ハーン)

18:30~

伊藤和明先生(元NHK解説委員、防災情報機構会長)サプライズ出演!

平野啓子「災害の描かれた名作」

P1020137

P1020104 伊藤和明先生とトークの様子(掲載写真は許可をいただいております)

◎7月7日(日)12:00~12:30放送

TBSラジオ「由紀さおり 笑顔のなかで」に平野がゲスト出演しました!

P1020085 収録後、スタジオで由紀さおりさんと平野。(掲載写真は許可をいただいております)

◎7月4日(木)発売号「週刊新潮」のロッテタイムに平野が登場しました!ぜひご覧下さい。

【富士山ユネスコ世界遺産登録おめでとうございます!】

◎6月22日(土)

「平野啓子語りの世界 Go-kataru~語り、語って25年~」

平野啓子の語り十八番の演目「竹取物語」のラストシーンには富士山が登場します。絵本や児童書、芝居などでカットされていることが多いのですが、平野の脚本には最初から必ず入っていました。かつて平野啓子の「竹取物語」をお聴きくださっつた宇宙飛行士毛利衛さんが「かぐや姫は月から日本を思い出すとき、富士山を目印にするだろう」とおっしゃいました。冒頭で平野の声で紹介。

Midc0817 宇宙飛行士毛利衛さんの言葉をスクリーンに。ピアノは渡辺雄一さん。

本編に入り、奇しくもこの上演が終了した直後にプノンペンで富士山のユネスコ世界遺産登録が決定!思い出深い1日となりました。

日本最古の物語文学「竹取物語」、泉鏡花「婦系図」、映画にもなった「黄色いハンカチ」、全世界2000万部ベストセラー絵本の読み聞かせ「ラヴ・ユー・フォーエバー」、齋藤孝著「声に出して読みたい日本語」も!

Mida5523 「竹取物語」より

幕開けは「新釈婦系図抄」(泉鏡花原作/三隅治雄脚本)、冒頭は湯島の白梅の曲にのった日本舞踊(藤間勘洋穂)で、それに続き平野啓子の語り始まりました。客席から掛け声も飛んで、新派の雰囲気となりました。

Midc0476 「新釈婦系図抄」より

第2部は渡辺雄一さんとのピアノとともに「黄色いハンカチ」朗読と、歌2曲「再会」「しだれ桜」。今、iTunesやカラオケDAMで配信中です。

Mida5822 続いて、七五調の美しい島崎藤村の詩「初恋」「小諸なる古城のほとり」の朗読、「初恋」は客席の皆さんと声を出しました。全員参加ありがとうございました!

そして、ロバート・マンチさんの大ベストセラー「ラヴ・ユー・フォーエバー」の読み聞かせ。

第3部「竹取物語」は渡辺雄一さんのピアノ、望月美沙輔さんの笛でお届けしました。ありがとうございました!

Midc0849

また、大変お忙しい中をお運びくださった皆様のおかげで満員終了となりましたこと、心より御礼申し上げます。

宇宙飛行士毛利衛さんの言葉とともお届けした語り生活25周年記念「平野啓子語りの世界」盛況のうちに終了しました!ありがとうございました!

 Img_2

構成・監修:太田博
第1部 心に残る名作劇場
・舞台や映画になったあの名作
語り「婦系図抄」[湯島の境内まで](泉鏡花作・脚本:三隅治雄)
・映画にもなったあの原作
朗読「黄色いハンカチ」(ピート・ハミル作/高見浩訳)ピアノ:渡辺雄一
第2部 親子の絆
・全世界2000万部の大ベストセラー絵本
読み聞かせ「ラブ・ユー・フォーエバー」
(ロバート・マンチ作・及木りか訳・岩崎書店)
・羽衣・七夕伝説から日本最古の物語へ
語り「新・竹取物語」(作者未詳/脚本:平野啓子)
現代文をまじえて綴る美しい古典原文の調べ
語りと邦楽のコラボレーション  笛:望月美沙保
時間 13時00分(開場は30分前)
会場 府中の森芸術劇場 ふるさとホール
(府中市浅間町1-2、京王線東府中駅北口下車徒歩7分)
料金 3000円(全席指定)
お問い合わせ・お申込み *5月7日(火)電話予約開始
・チケットふちゅう ℡042‐333‐9999(受付10:00~18:00)
・平野啓子事務所オフィスエイワン(有)
℡042‐363‐4689/090‐6171‐8093
チケットお申し込みは080‐1347‐3827
☆府中の森芸術劇場メンバーズ会員:4月30日(火)電話予約開始
主催:平野啓子事務所オフィスエイワン(有)
共催:公益財団法人府中文化共興財団府中の森芸術劇場 http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/

協力:K・H会 語り部平野啓子サポーター「チームHIRANO」、平野啓子ファンクラブ

◎6月12日(水)

安倍晋三内閣総理大臣より感謝状を授与されました!

・主権回復・国際社会復帰を記念する式典」司会(4月28日)

謹んで頂戴いたしました。ありがとうございます。

P10108221 式典当日、控え室にて。

P1020012

P1020016

●この秋、東京ドームで「消防団120年・自治体消防65周年記念大会」があり、平野も徳光和夫さんと司会をします!!

◎ニッポン放送「おはよう!ニッポン全国消防団」6月の毎週日曜日06:15~、出演します。

◎一般財団法人防災検定協会初代理事長に就任。

◎日本語大賞審査員

◎としま文化フォーラム2013年度 共に創る文化の魅力づくり

まもなく受講生募集開始!

平野啓子の講演:10月16日(水)19時~20時30分(開場18時30分)

テーマ「心に届く言葉 語りは心の絵画~対面して伝えるコミュニケーションの大切さ~」

***福地茂雄塾長との対談、語りの実演も***

塾長は福地茂雄氏(東京芸術劇場館長)。福地茂雄氏とは以前ほかのお仕事でもお目にかかるなど御縁があり、今回もお世話になりますこと大変嬉しく存じます。

今までと一味違う講演を予定しておりますので、ぜひ皆様お申し込みください。

募集期間は6月15日(土)~7月8日(月)で、定員100名。先着順なのでお早めにお申し込みください!!

pencilお問合せの多い下記のイベントについて簡単に記させていただきました。

●三井不動産70周年記念公演「平野啓子語りの世界」、ゲートシティ10周年記念、東京ミッドタウンオープニング記念、同3周年記念でも語りを上演・・・ながいお付き合いをさせていただいております。(岩沙会長と―写真掲載のご許可をいただいております。)

Img_0001

Img_0002

●浜離宮公演(東京都公園協会主催、ケイエム自動車協賛)。

Mido6587

P1010043

☆平成20年の国際自動車三鷹営業所オープニング式典でも語りを上演・・・現在進行形!

●東京スカイツリー開業式典、グランドオープン・開場式司会。平野がOL時代より、長い御縁をいただいております。現在進行形!

●【出雲大社平成の大遷宮「平野啓子の古代神話の語り」奉祝公演】をさせていただきました!千家宮司様に心より感謝申し上げます。また宮司様、御奥様に客席でご高覧賜り、大変うれしく存じました。お集まりのお客様も熱心にお聴きくださり、誠にありがとうございました。(6月6日)

☆御縁をいただいた皆様を大切に長くお付き合いいただければ幸いです。

●6月22日(土) 皆様のおかげで無事に終了することができました!

「平野啓子語りの世界~GO-kataru~」~語り、語って25年~

 

Img_2
構成・監修:太田博
第1部 心に残る名作劇場
・舞台や映画になったあの名作
語り「婦系図抄」[湯島の境内まで](泉鏡花作・脚本:三隅治雄)
・映画にもなったあの原作
朗読「黄色いハンカチ」(ピート・ハミル作/高見浩訳)ピアノ:渡辺雄一
第2部 親子の絆
・全世界2000万部の大ベストセラー絵本
読み聞かせ「ラブ・ユー・フォーエバー」
(ロバート・マンチ作・及木りか訳・岩崎書店)
・羽衣・七夕伝説から日本最古の物語へ
語り「新・竹取物語」(作者未詳/脚本:平野啓子)
現代文をまじえて綴る美しい古典原文の調べ
語りと邦楽のコラボレーション  笛:望月美沙保
時間 13時00分(開場は30分前)
会場 府中の森芸術劇場 ふるさとホール
(府中市浅間町1-2、京王線東府中駅北口下車徒歩7分)
料金 3000円(全席指定)
お問い合わせ・お申込み *5月7日(火)電話予約開始
・チケットふちゅう ℡042‐333‐9999(受付10:00~18:00)
・平野啓子事務所オフィスエイワン(有)
℡042‐363‐4689/090‐6171‐8093
チケットお申し込みは080‐1347‐3827
☆府中の森芸術劇場メンバーズ会員:4月30日(火)電話予約開始
主催:平野啓子事務所オフィスエイワン(有)
共催:公益財団法人府中文化共興財団府中の森芸術劇場 http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/

協力:K・H会 語り部平野啓子サポーター「チームHIRANO」、平野啓子ファンクラブ

●6月16日(日)
古代万葉の恋の世界 能を知る会 東京公演

Photo

*お話:語り部 平野啓子
 「恋」明日香 奈良のときめき~万葉ひとの恋歌、こころ模様~
*狂言:善竹 十郎 「花子」
会場 国立能楽堂 (東京都渋谷区千駄々谷4-18-1)*能:中森貫太 「三山」
時間 13時~
入場料 正面席 8,000円   脇正面・中正面席 6,000円
お申込み 鎌倉能楽堂 ℡・FAX 0467-22-5557(チケットお申し込み
の方は平野の紹介と添えてくださいますようお願いいたします。)
《●ユーチューブで配信中!!》
【文部科学省インターネットライブ配信~古典朗読から言語活動まで~】の第1部に平野が出演中。ぜひ、ご覧ください!
『感じる・伝える・考える ことばの力』vol.1(古典の朗読)

http://youtube.be/uvyYqmT36cs

『感じる・伝える・考える ことばの力』vol.2(百人一首)

http://youtube.be/nTad5Zkiei0

Photo_2

【語り生活25周年記念公演】
・3月28日(木)国立演芸場「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)、「冥途の飛脚」(「平野啓子語りの世界」を各地で開催します!
・6月22日(土)府中の森芸術劇場、など。近松門左衛門作)=終了しました=
◆名作・名文暗唱の語りを国内外で上演する、語り部平野啓子は今年語り生活25周年記念公演を展開します。様々な出演者とのコラボレーションも考えています。心温まる本当に「いいお話ばかり」を、選りすぐってお届けいたします!お楽しみに!◆
◇無事に終了しました!◇

●6月6日(木)
出雲大社 平成の大遷宮 奉祝行事
「平野啓子の古代神話語り」
平和裏に収めた大國主大神の「国譲り」を、記紀神話に辿る。ほか、出雲国風土記「国引き神話」
時 間 18:30~19:30
会場 東人苑 特設ステージ
【出雲大社 平成の大遷宮「平野啓子の古代神話語り」奉祝公演】をさせていただきました!千家宮司様に心より感謝申し上げます。また宮司様、御奥様に客席でご高覧賜り、大変うれしく存じました。お集まりのお客様も熱心にお聴きくださり、誠にありがとうございました。(6月6日)

P1010965_4P1010953

●5月16日(木)
朝日カルチャーセンター

春講座
「平野啓子語りの世界一美しい日本語への誘い」
時間 13:00~14:30
会場 朝日カルチャーセンター(新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル)

●4月26日(金)
東北*夢の桜街道 東日本大震災復興支援プロジェクト
第2回~桜の札所二十八番・鹽竈神社~
”美しき桜心の物語”の語り会
会場 鹽竈神社大講堂(宮城県塩竈市-森山1-1)
平成25年2月15日(金)SBSラジオラブリバー狩野川朗読会
「30分の死」の体験を綴った漱石の名エッセイを平野啓子の朗読で鑑賞。文豪・漱石の人生観に転機をもたらした秘密に迫る!!また、2012年日本ジオパークに認定された伊豆半島の魅力を綴った「伊豆序説」も紹介。
朗読:平野啓子(語り部)
解説・監修:竹腰幸夫(常磐学園大学名誉教授)
司会:上原孝男(SBSパーソナリティー)

●平成25年2月22日(金)無事に終了しました!
平成24年度日野市中央公民館 2月バラエティサロン
『平家物語~祇王』名場面の語りとトーク
           &「多摩の物語」(平野啓子とお弟子さんによる語り)
《青梅編》「青梅お狗さま」×梅の粕漬け(お弟子さん)
会場 日野市市民の森ふれあいホール2階 コミュニティールーム1
    ★平野啓子ファンクラブ 会員募集中!!★
特典として、会報、チケット優先予約・交流会などがあります。詳細は弊社までお問い合わせください。
℡042-363-4689/090-6171-8093

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

●平成25年1月29日(火)大盛況にて終了しました!
第3回食と文化の交流イベント~観光と連携した都市農産村の交流促進(グリーン・ツーリズム)~

第1部 多摩の物語 東京の奥座敷~青梅・奥多摩・あきる野 新編5話
     平野啓子(副会長)とお弟子さんによる語り
《青梅編》「青梅お狗さま」×梅の粕漬け(お弟子さん)
      「雪女伝説」×麦きり(平野啓子)
《奥多摩編》『奥多摩むかし道』×岩魚・奥多摩山女(お弟子さん)
      「盗まれた馬頭様」「熊をくすぐる」
《あきる野編》「あきる野五日市、今、昔」×ところいも、地元の醤油(お弟子さん)
第2部 奥多摩郷土弁当と桜スイーツの完成発表
・奥多摩郷土料理弁当の紹介 ・桜スイーツの紹介
・奥多摩郷土弁当と桜スイーツの試食会
主催:美しい多摩川フォーラム

●1月20日(日)
東北*夢の桜街道 東日本大震災復興支援プロジェクト
東日本復興支援シンポジウム~桜がつむぐ東北の未来~


2012年

12月16日(日)

平野啓子の『語り音(ね)らいぶ』を開きます!
「賢者のおくりもの」(オー・ヘンリー作、矢川澄子訳、出版社:冨山房)
オペラ「ジャンニスキッキ」(プッチーニ作)娘がフィアンセと婚姻をかけて父親を脅す有名な歌「私のお父さん」の歌詞を中心に、ストーリーを簡単に語ります。
開演 11:00
開場 10:30
会場 ワード資生堂(銀座資生堂ビル9階) 中央区銀座8-8-3
*アクセス:JR新橋駅下車4分、地下鉄(銀座線・丸の内線・日比谷線)銀座駅徒歩7分
料金5,000円     (ファンクラブ会員の方 3,000円)
お問い合わせ:平野啓子事務所オフィスエイワン(有)
℡042-363-4689/090-6171-8093
★平野啓子ファンクラブ会員募集中!!★
特典として、会報・チケット優先予約・交流会などがあります。詳細は弊社までお問い合わせください。℡042-363-4689/090-6171-8093
●12月15日(土)
「産経志塾」に平野が講師として登場します!
テーマ「語りは心の絵画」語りの実演を交えながら、語りの歴史や語り伝える大切さなどをお伝えします。
時間13時~16時
会場 産経新聞東京本社(東京・大手町)
参加資格 中・高・大・大学院生、または30代までの社会人の方。
お問い合わせ・詳細は 03-3275-8134(平日10:00~17:00)
●12月6日(木)
平成24年度松塩筑支部・支会連合大会
古事記編纂1300年記念「平野啓子『古事記』の語り~恋する神様~」
時間 式典13:30~ 記念公演 14:20~
会場 キッセイ文化ホール(長野県松本市文化会館)
お問い合わせ:深志神社社務所 ℡0263-32-1214(9:00~17:00)
●12月14日(金)15日(土)
【五木ひろし 都はるみ”な・か・よ・し”アンコール スペシャル オンステージ】の市川昭介先生のコーナーで平野がナレーションを担当しています!
開演 ・14日(金)14:00/18:30  ・15日(土)11:00/15:30
会場  明治座
予約 明治座チケットセンター03-3666-6666(10:00~17:00)
    インターネット予約「席とり君」 www.meiJiza.co.jp
☆10月29日(月)より電話・ネット予約受付開始   ☆11月1日(木)より窓口販売・予約引取開始
●平成25年2月15日(金)
SBSラジオ公開録音 ラブリバー狩野川
【第11回狩野川朗読会】参加者募集!!(募集定員120名)
朗読作品 夏目漱石「思ひ出す事など」/川端康成「伊豆序説」
「30分間の死」の体験を綴った漱石の名エッセイを平野啓子の朗読で鑑賞。文豪・そうs系の人生観に転機をもたらした秘密に迫る!また、2012年日本ジオパークに認定された伊豆半島の魅力を綴った「伊豆序説」も紹介します。
朗読:平野啓子(語り部)
解説・監修:竹腰幸夫(常磐学園名誉教授)
司会:上原孝男(SBSパーソナリティー)
時間 ・ディナー17:00~   ・朗読会18:35~20:45
会場 ラフォーレ修善時サンパティックホール(伊豆市大平)
参加費 ディナー付き8,600円(税込)*当日会場でお支払いいただきます。
      当日、ご宿泊希望の場合、参加費込・朝食付き17,000円(税込)です。
お申し込み方法 ①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤電話番号 ⑥職業 ⑦宿泊の有無を記入し、下記までお送りください。(2名以上でお申し込みの場合、確認の必要事項を明記してください)
<ハガキ>〒422-8680 SBSラジオ「狩野川朗読会」係
<FAX> 054-284-9021
応募締切 平成25年1月28日(月)必着
お問合わせ ℡054-283-3644(SBSラジオ)
clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover
●11月20日(火)
【サンケイエクスプレス】のコラム(30ページ)に「語り伝える美学」というタイトルで平野啓子に関する取材記事が掲載されました!!(残念ながらお買い求めできなかった方は、インターネットでもご覧いただけます。サンケイエクスプレスを検索していただくと、コラム欄に【逍遥の児】「語り伝える美学」が掲載されています。ぜひご覧ください!)
●11月14日(水)丸の内消防署「防火の集い」講演
午後2時~於:東京商工会議所4階東商ホール
「語りは心の絵画~語り伝える防火防災の心~」
語り「稲むらの火」を交えながら語りの歴史や、語り伝えることの大切さや情報を共有することの大切さなどお話ししました。
●11月14日(水)調布消防署「秋の火災予防運動」第2部講演会
午前9時30分~於:調布グリーンホール小ホテル
「語りは心の絵画~語り伝える防火防災の心~」
語り「稲むらの火」を交えながら語りの歴史や、語り伝えることの大切さや情報を共有することの大切さなどお話ししました。
第1部では消防ファッションショーもあり、職員の方による消防業務の紹介がありました。
●11月9日(金)杉並消防署「防火の集い」講演
午後14時~於:セシオン杉並ホール
「語りは心の絵画~語り伝える防火防災の心~」
語り「稲むらの火」を交えながら語りの歴史や、語り伝えることの大切さや情報を共有することの大切さなどお話ししました。
●10月31日(水)
「ESDオフィシャルサポーター」発表会が文部科学省「情報ひろば ラウンジ」でありました。(11月1日の東京新聞に掲載されました)
ESDオフィシャルサポーター(50音順)

P1010204_2


・木佐 彩子氏(シンガーソングライター)
・さかなクン 氏(東京海洋大学客員准教授、お魚らいふ・コーディネーター)
・白井貴子氏(シンガーソングライター)
・服部隆之氏(作曲家)
・日々野克彦(アーティスト、東京芸術大学教授)
・平野啓子(語り部、かたりすと、大阪芸術大学教授)

ESDとはEducation for Sustainable Development 持続可能な発展のための教育(持続発展教育)の略です。

P1010228P1010222

●11月12日(月)
「重要文化財 牛伏川階段工」防災遺産シンポジウム
平野はパネリストとして参加します。
時間 13:00~17:15
会場 Mウィング文化センター6階大ホール(長野県松本市)
お問い合わせ:長野県建設部砂防課 ℡026-235-7316(9:00~17:00)
《皆様のおかげで無事に終了しました!》
●9月21日(金)
古事記撰上千三百年記念行事
「平野啓子『古事記』の語り」公演 於皇學館大学百周年記念講堂
●9月27日(木)
P1000391
第50回全国稲荷会総会 記念公演 伏見稲荷大社「豊穣殿」
「平野啓子『古事記』と『しだれ桜』(瀬戸内寂聴作)の語り」
●9月29日(土)
P1000667
女が語る 美し国日本一豊かな自然・大地の恵み
夏・落語「青菜」 川柳つくし
秋・浪曲「亭保名医録」(房前智光作) 瑞姫
冬・「鉢の木」 神田紅

P1000444
春・語り「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作) 平野啓子
会場 国立演芸場
●10月4日(木)
P1010008
平野啓子が語る「竹取物語」と「橋づくし」の夕べ
~邦楽の調べとともに~
日本最古の物語文学「竹取物語」(平野啓子脚本)、菊池川と名月にちなんだ小説「橋づくし」(三島由紀夫作)と邦楽演奏のコラボレーションをお楽しみいただきます。
演奏:金沢大成(三味線)、望月美沙輔(笛)、藤舎花帆(囃子)
時間 19:00開演  18:00開場(大手町)
場所 内堀広場
本公演限定特別バス企画「浜離宮恩賜庭園までのわくわくリムジン 平野啓子号!!」もおかげさまで無事に終了しました。
P1010050
・10月8日(月・祝)

豊田市能楽堂 特別公演
語り 平野啓子「頼政最期~平家物語から~」
能 観世流 梅若玄祥 「頼政」
・10月14日(日)

P1010097
古事記編纂1300年記念
小國神社「平野啓子 古事記の語りの夕べ」

小國神社拝殿で古事記のほか、森町に伝わる民話や小國神社の故事なども語り伝えました。
17(水)付の中日新聞と静岡新聞に記事が掲載されました。

・10月26日(金)27日(土)
【震災復興応援・ボランティア公演 千廐21世紀塾特別講座】
「平野啓子 語りの世界」 於:マリアージュ
演目 「走れメロス」、「平家物語」、「雨ニモマケズ」、「エルトゥールル号物語~国境を越えた助け合いの精神~」、「稲むらの火」など
10月27日(土)
「地域の皆さんとの懇談と小公演」 於 広田水産グランド仮設住宅(132戸団地
・8月14日(火)
古事記編纂1300年記念
「平野啓子語りの世界~天(そら)・空(そら)・宙(そら)~」
第1部 地元の伝説「御池物語」(平野啓子脚本)
Mido7445bMido2158

日本最古の物語「竹取物語」(平野啓子脚本)
笛:望月美沙輔 鳴物:藤舎花帆、梅屋貴音 琴:武田博華第2部
古事記編纂1300年記念  無事に終了しました!

Mido7188_2Mido2594


「面白すぎる古事記 恋する神様」
(平野啓子脚本)尺八:入江要介

【東京スカイツリー開業おめでとうございます!】
Dh0001011
●5月14日(月)東京スカイツリー開業式典 『開闢(かいびゃく)の儀』 司会於:東京スカイツリー350展望デッキ特設会場

●5月22日(火)
東京スカイツリータウングランドオープン・開場式/スカイアリーナステージ司会を務めました。

Dh000074_1

☆グランドオープン司会、葛西聖司元NHKアナウンサーと

Dh0000132

☆スカイアリーナステージ江戸太神楽(代神楽)の皆さん

Dh0000563

☆グランドオープン後にちょっと休憩

Dh0000491_1

☆開会式直前、緊張しています。

Dh000048

Dh0000611
☆雨降って地固まる!

【平野啓子の放送のご案内】
ニッポン放送「おはよう!ニッポン全国消防団」にゲスト応援団として出演します。
放送日は、毎週日曜日の朝6:15~6:25です。
平野は、6月3日、10日、17日、24日にゲスト出演します。どうぞお楽しみに!

31

ニッポン放送イマジンスタジオにて、山本剛士パーソナリティと


【平野猫の公演のご案内】
●6月22日(金)
平野啓子 「平家物語」と「古事記」を語る。
Dh000079
笛:設楽瞬山
今話題の「平家物語~祇王~」を原文で、また今年編纂から1300年を迎える「古事記」を自らの楽しい現代語訳を交えて「国生み」から「ヤマタノオロチ」までを”夫婦の絆”をテーマに明るくわかりやすく語ります。 
開演 18:30  (開場 18:00)  満員御礼
会場 名古屋市・東文化小劇場(地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」1番出口より徒歩3分)                                              おかげさまで無事終了しました。
入場料 3,000円(全席指定)
チケット取扱い<Pコード:419-092>
東文化小劇場 ℡052-719-0430
チケットぴあ  ℡0570-02-9999
お問い合わせは 名古屋市文化振興事業団チケットガイド
℡052-349-9387(平日9:00~17:00)
●7月14日(土)無事に終了しました!ありがとうございました。


語り生活25周年記念プレイイベント
「平野啓子 語りの世界・絆」

Mido4255

第1部 古事記編纂千三百年
語り「面白すぎる古事記
古代の恋の物語~ヤチホコの恋の冒険~」 (三隅治雄作)
第2部 名作・名文の世界へ誘う
~教科書に載っている作品より~
Mido4347
朗読「山月記」(中島敦作)
語りと朗読「走れメロス」(太宰治作)
ピアノ:渡辺雄一 


☆4月8日(日) 東京中日スポーツ新聞に
4月21日(土)の東北夢の桜街道第1回~桜の札所壱番・三春滝桜~”美しき桜心の物語”の語りの会のことが掲載されました。
平野の東北復興への想いが、桜や本人のカラー写真とともに掲載されました。
☆4月9日(火) 今朝、放送されました!
NHKラジオ第1放送・ラジオあさいちばん(5:13~8:00)に平野が出演しました。
●4月21日の三春滝桜での公演での想い、昨年の旧赤プリでの読み聞かせ活動で被災者参加型の支援をしようと思ったこと、これからの復興応援の平野の考えなどをお話ししました。パーソナリティはNHKの山下信アナウンサー。平野が報道時代、お世話になりましたが、今でも変わらない若々しいお声で爽やかなのと、びっくりするほど楽しい方です。
☆3月27日(火)
今日、<日本ユネスコ国内委員会広報大使任命式>があり、さかなクンと平野が初代広報大使に就任しました!
それぞれのスピーチもあり、その後の雑談でこの日のお昼に平野が食べた赤魚は「アラスカメヌケ」らしいとさかなクンから教えていただき大いに盛り上がりました。明日の朝刊やテレビに出るかもしれないのでご覧になってください!
●東日本大震災を胸に・・・多摩川夢の桜街道プランをモデルに東北復興支援 無事に完了しました!
今回のシンポジウムでは日本人の皆が愛する桜をシンボルに、東北の復興再生を呼びかけます。また、平野啓子の被災地訪問やボランティアの話、ダニエル・カールさんの被災地でのボランティア、日本の正確な情報を世界に発信した想いを生でお届けします。首都直下地震、また、気候変動による豪雨災害などは、多摩川流域にも甚大な影響を及ぼす事が考えられます。私達の日頃の備えや心構えをする事に結びつける為にも、今回のシンポジウムと語りを通して、桜を愛する文化、水環境、安心安全な暮らしを胸に刻み込む時間に出来たらと思います。
もちろん、春恒例の「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)の語り公演も第2部で行います。しかも、大ホールで、通常公演と勝るとも劣らない演出で、入場料は何と無料!!今年は、六義園のしだれ桜公演はないので、この機会を是非お見逃しなく!
「多摩川夢の桜街道」と語り会〜夢の桜街道が繋ぐ地域づくり〜
出演者
細野助博(美しい多摩川フォーラム会長)
語り部 平野啓子(美しい多摩川フォーラム副会長)
山形弁研究家・ダニエル・カール(美しい多摩川フォーラム副会長)
第1部 シンポジウム
第2部 「語り」美しき桜心の物語
「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)を上演し、桜と人との不思議な縁について語ります。
日時:3月24日(土)開演14:00 開場13:30
場所:調布市グリーンホール大ホール(京王線調布駅下車 南口駅前)
定員:1,000名(全席自由)
参加費:無料(当日も会場で受け付けております。お気軽にお越し下さい)
お問い合わせ:美しい多摩川フォーラム事務局まで ℡0428-24-5632

=「語り」と「歌」との20分完結、完全コラボレーション決定!=  無事に終了しました。
●あすなろ忌(1月29日)&狩野川朗読会(2月10日)
井上靖先生の命日にちなんで開かれる「あすなろ忌」で井上靖作品ばかりで綴った朗読会に出演しました。舞台の上には、本物の竹、キノコのついた立派な原木、そして本物のわさびを植えたプランターを並べてのわさび田の風景!ホリゾントには、地元縁のカメラマンの作品を投影し、天城連峰太鼓のメンバーとのコラボレーションで、語りをお届けしました。
湯ヶ島小学校に寄せた詩、小説「猟銃」エッセイ「故郷美し」など作品に合わせて写真を変え、土地のエネルギーな川の流れの音なども太鼓・笛・竹で表現してもらい、すごい総合芸術が出来ました。ラスト演目の「そろばんば」で舞台終了。もう、すべて天城尽くし!台本は私が作りましたが、舞台セットや音楽がこんな風に出来たら、と希望を書き込んでいたら、まさかこんなに本物尽くしになるとは思ってもみず、感動。感謝、感激です。全部実行委員会の皆さんが準備してくださいました。付近の山から大きな竹も切り出してくれて。菊地市長さんが顔を輝かして曰く「地場産の本物を使った方が、オブジェを作るよりやすいんですよ!」こんなぜいたく、東京では出来ません。まさに、文化の地産地消ですね。菊地市長さんは、なんと打ち合わせの時から参加してくださいました。文学で地元の良さを再確認して、盛り上げていこう!ろいう強いお気持ちもひしひしと伝わります。お客様も多くいらしてくださり、井上靖先生のご長男ご夫妻、ご次男ご夫妻にもお聞きいただき、思いかけずお褒めとねぎらいのお言葉をいただきました。ちなみに湯ヶ島小学校の子供達は暗唱が大得意。舞台で二作も見事な暗唱を聞かせてくれました。すごい!天城には白壁荘、落合楼、湯本館をはじめ素敵な旅館が沢山あります。当日は雪。朝の雪見風呂、最高でした。

さて、ラフォーレ修善寺での恒例「狩野川朗読会」は、今年10回目を迎えました。
鈴木邦彦先生のご体調の関係で、今年は、映画「我が母の記」完成疲労を目前に控えた原田眞人監督とご一緒させていただきました。
私は既に試写させていただきましたが、私の故郷沼津や伊豆の美しい風景が更に美しく映し出された画面の中でのドラマ展開!引き込まれますよ。私は原作の井上作品そのものを75分朗読し、原田監督も素敵な奥様とお聞き下さり感激でした。(お褒めくださいました〜!)大変お気さくな監督さんです。
この日も菊地市長さんは客席にいらっしゃいました。ご自身でお申し込みなさったそうです。首長さんが文学にご理解がある事で一層活気づく感じがいたします。なお、この日の朗読台本については、竹腰先生に大変お世話になりました。また、SBSの上原プロデューサー(元アナウンサー)は大変だったと思います。ありがとうございました。鈴木先生にもまたお目にかかりたいです。
★朗読会の模様は2月19日(日)午後4時30分〜5時00分、SBSラジオで放送されます。どうぞお聞きください!

【2月10日(金)発売!】
●「大人の桜旅2012」(三栄書房)82ページに、平野啓子が登場!桜への深い想いと、4月21日三春滝桜前での「美しき桜心の物語」への意気込みを語っています。
全国の桜の写真とともに旅へ誘う、美しい本です。かつて、東京駅構内「ヒント・インデックス」の平野のボックスに、平野の好きな本として正面に展示させていただきました。今年は特にページ増の豪華版!価格は1,575円。平野が桜の専門雑誌に掲載されるのは初めて!顔写真付き!書店にて、是非お求めください。

【2月24日(金)発売!】
●「東北*夢の桜街道公式ガイドブック」(三栄書房)より発売(980円)*ガイドブックにも平野が登場します!
*なお、4月21日の三春滝桜公演には、雨天順延日も含めた、2日間連続お泊まり希望者が続出しています!
1月6日(金)今年も東京消防庁出初式に行ってきました!
今年は、TVでおなじみの草野仁さんとオープンカー2台にそれぞれ分譲し挨拶をさせていただきました。写真はその時の様子です。

Img

また、2月8日(水)は東京消防庁の「防火標語および危険物安全標語」の審査にも行ってまいりました。とてもいい標語が選ばれました。発表をお楽しみに!
2月9日(木)は第35回消防職員意見発表会の審査にも行きました。みなさん、豊かで柔軟な具体的提案をされる発表で、原稿を見る事無く伝えきる姿に感動しました!選ぶのに大変苦労しました。
【12月29日(木)】産經新聞の静岡から北海道までの東日本全域で、8月以降の「未来塾」の講師と開催場所コーナーに平野が訪問した時の感想コメントが写真とともに掲載されますので、ぜひご覧ください。
3_2
11月27日(日)付産經新聞の静岡から北海道までの東日本全域で「産經新聞東日本大震災復興支援・未来塾」欄に平野啓子が石巻市内の中学校2校で全校生徒(各300人以上)対象に行った授業の様子が掲載されます。「走れメロス」「平家物語」「雨ニモマケズ」など東北縁の作品を中心に生徒さん達と一緒に声を出しての授業です。ぜひ、産經新聞をご購入の上、ご覧ください!
(上写真は産經新聞提供)

●平野啓子は今年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」原作本(田渕久美子作)のオーディオブック(全6巻)全編の「語り」を担当しています。只今全6巻好評配信中!!febeの小説部門で1位!(febeで検索)
☆平野啓子事務所では、4月から8月まで、平野啓子が出演する語り公演のロビー等で弊社が販売する平野啓子の語りのCDや著作物の収益の全額を、NHK厚生文化事業団を通して、東日本大震災による被害の復興に当てていただく義援金にさせていただきます。
また、平野啓子本人の、被災者である幼児や小中学生への今後の教育面での長期的支援を考えております。
*物販販売売上収益については、昨年12月にNHK構成文化事業団にお届けしました。ご協力ありがとうございました。
<2012年・春〜穏やかで明るい1年となります様に。>

        =2012年の予定=
◎1月29日(日)「あすなろ忌」井上靖追悼事業
      井上 靖感想文発表・表彰式
無事に終了しました!
記念公演 平野啓子『湯ヶ島朗読会』ー朗読作品「しろばんば」他ー
◎2月1日(水)【農林水産省近畿農政局後援】記紀万葉プロジェクト関連イベント
語り部交流会in山の辺〜魅力ある地域資源を生かした賑わいのある農村づくり〜
時間 午後2時〜    無事に終了しました!
会場 桜井市立図書館(奈良県桜井市大字河西31)*桜井駅より徒歩15分
   ℡0744-44-2600
講演 〜古墳築造から現在景観への変貌〜 橿原考古学研究所 管谷文則所長
語り 〜「語り」を通して知る日本の農村について〜 平野啓子
◎2月10日(金)SBSラジオ公開録音らぶりバー狩野川・10周年記念<狩野川朗読会>  満員御礼!!
朗読 平野啓子 「わが母の記」(井上靖作)
司会 上原孝男(SBSパーソナリティー)
会場 ラフォーレ修善時サンパティックホール
★朗読会の模様は2月19日(日)午後4時30分〜5時にSBSラジオで放送されます!
お問い合わせ ℡:054-283-3644(SBSラジオ)
◎4月21日(土)
東北*夢の桜街道 東日本大震災 復興支援プロジェクト
第1回〜桜の札所壱番・三春滝桜〜”美しき桜心の物語”の語りの会
語り:平野啓子「しだれ桜」(瀬戸内寂聴作)ほか
開催場所 福島県三春滝桜
募集人数 200人(先着順) 滝桜観桜料300円
受付 平成24年1月20日(金)より
★住所、氏名、年齢、連絡先、三春滝桜、を明記し、次の方法でお申し込みください。往復ははがき1枚につき2名様まで申し込み可。
美しい多摩川フォーラム事務局 ℡0428-24-5632
お申し込み方法 郵送【往復はがき】
〒198-8722 東京都青梅市勝沼2−65青梅信用金庫地域貢献部内


◎10月27日(木)平野啓子自主公演
「平野啓子語りの世界」 無事に終了しました!
一部 語り「エルトゥールル号物語」〜エルトゥールル号事件国境を超えた助け合いの精神(こころ)〜(平野啓子作)
「稲むらの火」(中井常蔵作 小泉八雲原作)
「波きり地蔵〜伊豆の民話集より」
二部 「ちっちゃなかみさん」(平岩弓枝作)
会場 府中の森芸術劇場ホール
●6月8日にオープンした遠藤実記念館「実唱館」の館内ビデオのナレーションを平野が担当しています。ぜひお立ち寄りください。(新潟市西浦区越前前浜6913-1 ℡0256-77-2777)


<緊急!平野啓子のお知らせ>
被災地被災者の皆様、また、お亡くなりになられた方々へ、心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。
さて、3月17日(木)「平野啓子 語りの会〜六義園のしだれ桜を舞台に」はこのたびの大地震の影響により中止になりました。昨日、主催の公益財団法人東京都公園協会より連絡がありました。
計画停電の実施対象地域ではないのですが、都内全体の節電に努める為です。私どももこの非常事態の中では当然の事と納得し、受け止めました。しかし、お時間を空けてくださっていたお客様には誠に申し訳ありませんでした。チケットお代金の払い戻しは4月1日(金)から29日(金)チケットぴあ窓口、またはチケットぴあ販売のコンビニエンスストアにて返金いたしますので、お手数ですがお手続きをしていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。*ファンクラブ会員の方はファンクラブより払い戻しになります。お手元にチケットをお持ちの方は、無くされませんようご注意ください。(お問い合わせ先:公益財団法人東京都公園協会 公園事業部 文化財庭園係℡03-3232-3018)
昨夜ぼんやりとソファーで携帯の画面を見ておりましたら、あるニュースが飛び込んできました。
天皇皇后両陛下が園遊会を取りやめられ、しかも計画停電が実施されている地域の人々と困難を分かち合いたいというお気持ちから、千代田区は計画停電の実施対象ではないが、御所でも停電時間に合わせて電力使用を停止されるとの内容です。さらに、今後、被災地を訪れたいとのお気持ちも示されたと・・・。
自らのご体調を顧みられず被災地、被災者へお心を寄せられるお言葉に、偉大な真心とご慈悲を感じずに入られませんでした。
都民の1人である私も大変励まされるお言葉でした。
今朝は私は早く起きました。そして、人が長蛇の列をなす改札を2時間かけて通過してその後電車に2時間揺られて出勤してくれたスタッフと一緒に、イベント中止の連絡をお客様にいたしました。暖房をせずに、厚手のコートを着てぶくぶく姿で走り回りました。
被災者の為に何か出来る事はないか、何かしたいと思っておりますが、まずは身近なところから徹底したいと思います。
2011年3月15日(火)


=語り部・平野啓子のお知らせ=
みなさん、こんにちは!最近、私の語り人生について、どのような道を歩んで来たかという事について、お尋ねされる事が多くなりました。
顧みますと、この道、四半世紀になろうとしてることに気付かされました。そこで、改めて自らのこれまでの生き方をお伝えする事で、ご理解を賜りたいと存じます。
語り部として舞台デビューしてからと言うもの、古代から続くプロフェッショナルな語りの精神と歴史観に基づいて語りの伝統を継承して上演を続け、放送の世界でも語りを広めていく事が出来ました。
皆様のお陰で、平成9年度には語り部として出演した「平野啓子語りの世界」に文化庁芸術祭大賞という大きな賞を頂く事が出来ました。更にキャスターや司会、コーディネーター、パネリスト等様々な他のジャンルの仕事を通して、本業の語り部の仕事をアピールしてまいり、多くの方々のご理解を頂き感謝しております。リポーターとして取材に走り回った事は、伝説や歴史を掘り起こして語る際の台本を充実させるのに大いに役立っています。
行政のご指導を頂きながら、平成17年より4年間に渡り、全国19ヶ所の語り部さん達と交流会も意見交換もしてまいりました。
一方、暗唱で名作名文を伝える事は、日本語への感性をそこに居合わせたみんなで高めていく事が出来、子供の情操教育にも大変効果があると手応えを感じていました。この4月から小学校国語教科書に名作暗唱の「語り」の学習が単元として入ってきます。
昨年は平成22年度文化庁長官表彰が、語り部・平野啓子に授与され、全く思いがけない身に余る光栄で、言葉にならないほど嬉しく思っております。これもひとえに、「語り」に導いてくださいました鎌田弥恵師をはじめ皆様のお陰と心より嬉しく感謝申し上げます。
若干とりとめのないお話しになったかもしれませんが、平成25年に迎える25周年に向けて、改めて精進をしてまいりたいと思います。
皆様におかれましては、引き続きご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
来週はいよいよ東京六義園での「平野啓子しだれ桜を語る」公演です。築庭三百年を記念して始まったこの公演、十周年になります!お陰さまで、完売御礼となりました。
桜のイベントへのご希望におかれましては、その後各所で開催されますイベントにお運び頂ければ幸いです。春を語りでお楽しみください!
☆2010年 12月20日(月)
『平成22年度文化庁長官表彰』を「語り部 平野啓子」が受賞しました!!文化活動に優れた成果を示し、その功績をたたえ文化庁長官より表彰されました。
☆NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」原作本(田渕久美子作)オーディオブック 平野啓子全文語り全6巻好評発売中!febe小説部門1位!
☆大河ドラマ50作目の同作品で、大河ドラマ初のオーディオブックが作られる事になり、平野啓子がその全編の語りを担当します。第1巻から、江の三姉妹、市、信長、秀吉、光秀など、おなじみの人物が生き生きとした台詞とともに登場します。全世界へ配信となるこの作品、是非ダウンロードしてお楽しみください。(下段でご案内しております)
3月8日(木)16時〜 参加費 無料
東京フォーラムD棟7階大ホール
オーライ!ニッポン大賞表彰イベント(13:30〜17:00)内の特別プログラムとして
「都市・農山漁村に寄す〜平野啓子(語り部)withミネハハ(歌手)」
平野啓子の語りとミネハハの優しい歌声が解け合って織りなすステージ。宮沢賢治「雨ニモマケズ」なぢ。
お申し込み先 オーライ!ニッポン会議事務局(9:30~17:45)
       ℡03-4335-1985
       FAX03-5256-5211
語り「稲むらの火」を交えながら語りの歴史や、語り伝える事の大切さや情報を共有する事の大切さ等をお話しました。

【お知らせ】

掲載以前の記事については、一時的に工事中で近々にアップしますので、ご覧ください。その間、情報については、下記までお問合せ下されば、資料をお送りします。

平野啓子事務所オフィスエイワン(有) ☎042-363-4689

※他のページについては、資料として掲載しておりますので最新情報ではありません。


 

 

 

続きを読む

2017.03.23 

2014.08.04  語り部・かたりすと 平野啓子の今後の予定

2013.10.28  主な語り舞台公演

2013.01.01  あけましておめでとうございます。

2011.03.23  平成23年の主な語りの舞台公演

コピーライト

  • Copyright Keiko Hirano office office-eiwan Ltd. All rights reserved.