プロフィール

 平野 啓子(ひらの けいこ) 

P1030520_2
 語り部・かたりすと


◇大阪芸術大学放送学科教授

◇武蔵野大学非常勤講師(伝統文化研究)
◇ 日本語大賞審査員

☆4月15日(火)今年の文化庁文化交流使発表!=平野啓子もドイツやトルコに=

「文化庁文化交流使」は、日本の文化や芸術を広めるため海外に派遣されます。4月28日(月)に青柳正規長官より、指名書が手渡されました。15日付の日経紙新聞朝刊に記事が掲載されました。

語り部・かたりすと。静岡県沼津市出身。早稲田大学在学中にミス東京に選ばれる。卒業後東京都歴史文化財団職員を経て、「NHKニュースワイド」 「NHKニュースおはよう日本」のキャスターや大河ドラマ「毛利元就」、「義経」で「義経紀行」の語りを務める。「毛利元就」では、多美役で出演。教育テレビ「NHK短歌」、「日本の伝統芸能鑑賞入門」を始め数多くの番組の司会、語り手、ナレーション等務める。

一方、放送人となる以前より、語りを鎌田弥恵氏に、朗読を故山内雅人氏に師事し、現在、名作・名文を暗誦する語り芸術家として舞台やテレビで活躍中。特に舞台では古典から現代まで名作の語りを総合芸術として光や音響、季節の風物を生かし独自の世界を切り開き、空間エンターテインメントを創造。中国北京、韓国ソウル等、国内外で公演、日本の文化や日本語の美しさを紹介するなど語りの世界に新境地を開き高い評価を得ている。

平成9年度文化庁芸術祭大賞、松尾芸能賞優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞、徳川夢声市民賞、平成22年度文化庁長官表彰等各賞受賞。

文化講演、コラムやエッセイ執筆など幅広く活躍。太宰治生誕100年記念語りCD「走れメロス」をはじめ、語り・朗読のCD、DVD「平家物語~祇王」(ハゴロモ)等多数刊行。著書に「兼好に恋して徒然草に学ぶ」(あすとろ出版)、「短歌のこころ 語りの心」(リヨン社)、「平野啓子の語り美人」(大和出版)。2011年6月8日、ユニバーサルミュージックより語りCD第2弾「藪の中(芥川龍之介作)/山月記(中島敦作)」発売。最新DVD「瀬戸内寂聴 源氏物語の男君たち」語り(アネック)刊行。

・平成23年度の小学校国語教科書に単元として入った「語り」にも力を入れる。

・「語り」で震災復興応援もしている。

・公共団体理事、政府委員会委員等の公職や政府式典の司会、シンポジウムのパネリストやコーディネーター等も務めている。

・2012年東京スカイツリーグランドオープン司会、今秋東京ドームで開催の「消防団120年・自治体消防65周年記念大会」で司会を担当。

・日本ユネスコ国内委員会委員(6年間)歴任。平成24年、初代日本ユネスコ国内委員会広報大使、ESDオフィシャルサポーター就任。

・2013年、語り生活25周年で記念公演を展開。

コピーライト

  • Copyright Keiko Hirano office office-eiwan Ltd. All rights reserved.