2020/06/29

「司会」「文化講演」もお受けいたします!

 

「司会」「文化講演」もお受けいたします!

「被災地復興応援」しております。

「語り部・かたりすと」として平野啓子をご愛顧いただいている方から

Q1「司会を依頼してもいいの?」

Q2「被災地復興応援などのボランティアもするの?」

と質問を受けることがあります。

まず、Q1 A. はい、司会もさせていただきます。

 平野啓子は、これまでに、式典、シンポジウム、レセプション、コンサート、伝統芸能の舞台、等の司会をしております。官公庁や民間企業、テレビ番組など、様々なシーンで司会をしております。

例:昨年(平成31年)、上皇上皇后両陛下が平成時代の最後の御公務で御臨席された政府主催「みどりの式典」、消防団120年・自治体消防65周年記念大会(東京ドーム)、G20教育関連イベント、大阪芸術大学入学式、クラッシック・ジャズコンサート、「NHK短歌」「BS日本の歌(歌謡番組)」等。

 

また、文化講演も同様です。

日本語、名作文学、教育、文化、防災、農村文化、等。

さらに、パネルディスカッションのコーディネーター、会議のファシリテーターなども務めております。

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております!

◆詳しくはこちらをご覧ください。

【主な司会】 

Q2 →A, はい、被災地のニーズをよくお聞きして、ボランティアに入ります。

 仮設住宅の広場に向かうこともあれば、被災地の国語の授業をしたり、東京に避難している方々への支援を行ってまいりました。

 また、公演の売り上げを寄付したり、義援金の募金も行うことがあり、

 日本赤十字、行政の義援金受付窓口を通すなどしてお届けしております。

 被災地で、アーティストがどのようであるべきか、行く先々での様々な出会いを通して、

学ばせていただきました。

 

近年、予想できない、集中豪雨など相次いで起こりました。また、熊本では、復興の様子を見てほしいとの地元の強いお気持ちがおありなので、毎年訪問しております。

まもなく、東日本大震災が発生した3月11日を迎えます。

亡くなられた方のご冥福と、被災された皆様のご健康、一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

◆詳しくはこちらをご覧ください。

【主な被災地復興応援活動】

« 前へ | メイン

コピーライト

  • Copyright Keiko Hirano office office-eiwan Ltd. All rights reserved.